心理学

自分らしく生きることが難しい理由6つを知れば、自分軸で生きるコツもわかる

「『人から見た自分』をいつも気にしてしまう」
「自分の弱さを人に見せるのが苦手」

このような息苦しさを感じながら、日々生きていませんか?

今の自分が本当の自分なのか、わからなくなるのは特別なことではありません。

なぜ息苦しいか理由を掘り下げて考えてみると、答えはみつかるはず。

この記事は、自分らしく生きることが難しい6つの理由を掘り下げ、次に自分らしく生きるための5つの方法について見ていきます。

前向きな気持ちに、少しでもなれたら幸いです。

ぜひ、最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

1.自分らしく生きることが難しいと思う6つの理由

窓辺に座って外を眺める女性

日々息苦しさを感じながら生きているとすれば、過去から続いている気質によるものかもしれません。

自分らしく生きることが難しいと思う、以下6つの理由について見ていきましょう。

  • 常にやらされ感がある
  • 自己肯定感が低い
  • 夢や目標がない
  • 周りに合わせてしまう
  • 他人と比べてしまう
  • 収入に不安があり会社に依存してしまう

1-1.常にやらされ感がある

人にやらされていると感じることは、自分でコントロールできない状態ということ。

ストレスが溜まる一方です。

仕事を例にしてみると、わかりやすいですね。

「やらされている」、「やらないとまずい」と言う感覚を抱いているなら、仕事のパフォーマンスや満足度は低くなります。

反対に、「仕事に意義がある」、「仕事を自分でコントロールしている」と感じながら仕事をしていると、パフォーマンスも幸福度も高まるでしょう。

残業もハードな仕事も苦になりません。

まず、「やらされている」という受動的な感覚を減らすことです。自分のためになること、自分の能力が活かせることなどを仕事の中から見つけ出し、そのことに自分を積極的に巻き込むチャレンジをすることが大切です。
引用:「医師が教える幸せな人がやめている36の習慣」西多昌規著:(2016)大和書房

例えつらい仕事が重なったとしても、「これを乗り切れば成長できる」とポジティブに捉えることが大切です。

1-2.自己肯定感が低い

自己肯定感が低いと、自分を卑下してしまい本当の自分を閉じ込めます。

「どうせ何をやってもダメ」
「私のことなんかだれも理解してくれない」

このような自己否定の思考が抜けないかぎりは、自分らしく生きることは難しいでしょう。

若者の意識に関して諸外国と比較した、文部科学省の調査を見ると以下のようになっています。

若者に関する意識調査

出典:文部科学省「『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査』における国際比較」

「自分はダメだと思う」と思う比率は、諸外国と比較して高くなっていることがわかります。

自己肯定感が低いのは若者だけでなく、日本人が持ちやすい特性なのかもしれません。

このように自己肯定感を下げることが、本来持つ素敵な一面を覆いかぶせてしまい、結果として自分らしさを消してしまっているのです。

自己肯定感 上がらない
あなたの自己肯定感はなぜ上がらない?|自分を変える5つの秘策「自己肯定感が上がらない」「いろいろな方法を試したけれど、どれも効果を感じられない」そんな悩みを抱えるあなたでも、自己肯定感を高めることは可能です。あなたに向けて、根本的な”自己肯定感が上がらない原因”と適切な対策方法をお伝えします。...

1-3.夢や目標がない

夢や目標がないことも、自分らしく生きることができない理由の一つ。

夢や目標がなく生きていると、人生に楽しみや意義を見出せません。

そして、以下のようになってしまいます。

  • 自分を過小評価してしまう
  • 過去の失敗を引きずっている
  • 探求心や忍耐力がない
  • 忙しい毎日に忙殺されている

夢や目標を持たないまま過ごす人生は、どこに向かって歩んでいくかが見えないということ。

そのような状態で自分らしさを見出すのは、難しくなるでしょう。

熱中できるものの見つけ方
熱中できるものがない!毎日が充実する「ハマるもの」の見つけ方7選「熱中できるものがない」と、毎日に物足りなさを感じていませんか?ここでは、熱中できるものができない原因・対策と、具体的な見つけ方7つを紹介。「やるべきこと」に追われる大人だからこそ、「やりたいこと」で人生の充実感をアップさせましょう!...
何のために生きているのかわからない
何のために生きてるのかわからない|後悔しない生き方5パターンとは?変わり映えしない日々やちょっとしたトラブルのせいで「何のために生きてるのかわからない」と感じることはないですか?漠然とした不安や焦り、無力感を抱いてしまって辛いですよね…。ここでは人生の目的を明確にし、幸せに生きるための具体的なアクションを紹介します。...

1-4.周りに合わせてしまう

必要以上に周りの空気を読んでしまい、自分の気持ちにフタをしてしまった経験はありませんか?

もしそうだとすると、息苦しさを感じて疲労やストレスを抱えてしまいます。

周りに合わせてしまいがちな人は、以下の心理が働きやすい傾向です。

  • 面倒なことを避けたい
  • 周りと一緒だという安心感を得たい
  • 人に嫌われたくない
  • 自分に自信がない
  • 人からどう見られているかが気になる

必要以上に敏感なことは、悪いことではありません。

しかし、人からどう思われようと関係ないと思えるくらいの図々しさが、自分らしく生きるためには必要なのです。

ビクビクしない方法
『人にビクビクしない方法』を徹底解説!3つの解決方法!人から何か言われることやふとした態度にビクビクしてしまい自信を失っていませんか?そんなアナタの心を楽にする3つの解決方法をご紹介します。 1.ビクビクの原因を書き出す-3つのポイント- 2.ビクビクしそうな時は深呼吸 3.ビクビクすることを受け入れるの3点です。今日からでもすぐ取り入れることが出来ます。...

1-5.他人と比べてしまう

「他人軸」な生き方は、自分らしさを閉じ込め窮屈な環境を自ら作り上げてしまいます。

他人軸とは、以下のような生き方。

  • 思っていることが言えない
  • 相手に合わせてしまう
  • 見られているから頑張る
  • 褒めてもらうために頑張る

「自分らしさ」の軸がなく、他人との比較で自分を見てしまうのです。

自分と他人は違うと頭ではわかっていても、気持ちがどうしても割り切れず苦しい思いをしてしまいます。

他人軸になる6つの原因とは?
他人軸になる6つの原因とは?|これを知らないと息苦しいままです「他人軸になってしまう原因ってなんだろう…」原因を突き止めるのってなかなか難しいですよね。しかし、他人軸になってしまう原因を突き止められれば、自分軸に修正することができます。よくある他人軸になる原因を6つ紹介します。...

1-6.収入に不安があり会社に依存してしまう

若いうちは収入が少なく、将来に対して不安に思うもの。

「自分らしく自由に生きたい」気持ちよりも、「お金がなく生活できない」不安が勝ってしまいます。

そのため本来自分がやりたいことを押さえて、やりがいのない仕事をしながら会社に依存してしまう人が多いのです。

若いうちは、普通は収入が少ないもの。

しかし内閣府が実施した世論調査では、18歳から29歳の70%近い人が収入に対して満足していません。

18-29歳現在の生活面での不満

参考:内閣府「世論調査」

まだ見ぬ未来に対して不安になるほど、会社への依存心が高まり、自分らしく生きることが難しくなります。

そして、自分らしさを出せないまま、大人になっていくのです。

熱中できる仕事の探し方5選|時間を忘れて取り組める仕事が見つかる
熱中できる仕事の探し方5選|時間を忘れて取り組める仕事が見つかる「熱中できる仕事にはどうしたら出会えるんだろう?」今の仕事が忙しい、もしくはつまらなくて満足できていない人は多いものです。しかし、誰でも熱中できる仕事には出会えます。自分を変えて夢中になれる仕事をしたいと思っている人が熱中できる仕事を探すには、まずは自分の…...

2.自分らしく生きられないまま大人になった3つのパターン

海辺の砂浜に座って物思いにふける女性

自分らしく生きられないまま年を重ねると、以下のような大人になってしまいます。

  • 身近で大切な存在に気づけない人
  • 気づけば周りに誰もいない人
  • 他人依存の人生から抜け出せない人

それぞれ見ていきます。

2-1.身近で大切な存在に気づけない人

自分らしく生きていない人は、「自分ばかり我慢している」という不満を抱えています。

不満が爆発した時に、心を許せる身近な人にあたってしまうのです。

心を許せる身近な人こそが大切な存在だと気づかず、それすらも無くしてしまうことに気づきません。

  • 兄弟
  • 夫婦
  • 親友
  • 恋人

これらの人は本来の自分を見てくれて、損得勘定なしでつながっている人たち。

あなたにとって一番大切な存在なのですが、そのことに気づかないまま年を重ねていきます。

そして失った時に、その存在の大きさに初めて気づくのです。

カップル・夫婦の価値観の違いの乗り越え方7つを伝授!「ずっと一緒にいたいけど、価値観が合わない」価値観は生まれ育った環境により形成され、各々が違う価値観を持っている事により衝突が生まれます。価値観の違いを乗り越えられると、ケンカやストレス、離婚や破局の危機から逃れられるはずです。その具体的な方法をお伝えします。...

2-2.気づけば周りに誰もいない人

大人になって気がつくと、周りに誰もいなくて孤独を感じる人がいます。

うわべだけの付き合いしかできなかったのが、原因かもしれません。

以下のような性格が、起因しています。

  • マイナス思考
  • メンタルが弱い
  • 人とのコミュニケーションが苦手
  • 自分に自信がない
  • 警戒心が強い

相手のことを信じられないので、相手からも信用されません。

自分らしさを閉じ込め周りに合わせてきたはずなのに、自分から人が離れていくのはさみしいものです。

30代独身でみじめな人・みじめじゃない人の違い|差を生む6つの行動
30代独身でみじめな人・みじめじゃない人の違い|差を生む6つの行動30代独身で自分はみじめだと感じる女性や男性へ。本記事では、30代の独身は本当にみじめなのかを科学的なデータをもとに解説しています。みじめだと感じたときの対処法も6つ紹介。「婚活に疲れた」「このままではやばい」と思った方は、本記事で紹介する案をご活用ください。...

2-3.他人依存の人生から抜け出せない人

他人依存の人は、満たされることのない孤独を埋めるために、その矛先を他人に求めてしまいます。

  • 一人だと毎日がつまらない
  • スケジュール帳が埋まっていないと気が済まない
  • 誰かと連絡が取れないと不安になる

このように、他人軸が根底にあります。

自分の良い面を見つめ直して自信を持てば、自分らしく生きる人生に変えられるはず。

しかし、自分が他人依存なこと自体に気づけないまま、時間が経過してしまいます。

人に流されやすい自分を直したい人へ!影響されない人になれる7つの方法「いつも人に流されてばかりでイヤだ」周囲に流される人は共通の特徴が見られます。これらの特徴にあてはまっていないか確認したうえで、改善策をたて実行すれば性格を変えられます。この記事では人に流されなくなるための改善策や、人に流されやすい人の特徴を解説します。...

3.自分らしく生きるための方法5選

海に向かって両手を広げ爽快そうにしている女性

ここまでは、自分らしく生きることが難しい理由について見てきました。

しかし、自分を見つめ直して思考を変えることで、自分らしい人生は手に入ります。

以下5つの方法を実践すれば、本来の自分が再認識され自分らしく生きられるはずです。

  • 自分の特性を知り理解する
  • 新しいことにチャレンジする
  • 他人に認めてもらいたい気持ちを捨てる
  • 周囲に迎合しない
  • 好きなことだけをやる

それぞれ掘り下げて見ていきますので、参考にしてください。

3-1.自分の特性を知り理解する

自分らしく生きるための1つ目の方法は、自分の特性を知り理解すること。

過去の自分やこれまでの経験を振り返って、自己分析します。

「そういえば、学校生活で委員長や部活のキャプテンなど、率先してやったことがなかったな」
「サークル活動の時、周りのみんなと考えが違っても、自分の意見を言わずいつも周りに合わせていたな」

このように過去の経験を振り返り、「自分はどんな性格なのだろう」と深堀りするのです。

そして自分の特性が理解できれば、できる範囲で改善していきます。

すべて改善する必要はありません。

「自分の性格でこの部分は変えたい」と思うものを、意識して変えていけばOK。

自分を理解することは、悩み解決にもつながります。

当ブログでは、現在期間限定で電子書籍「DISCOVERY Method」を無料公開しています。

気になる方は、ぜひ一度ご覧ください。

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

3-2.新しいことにチャレンジする

自分らしく生きるための2つ目目の方法は、新しいことにチャレンジすること。

自分を変えたいと思い立った時こそ、絶好のタイミングです。

コロナを境に、多くの若い世代が新しいことにチャレンジし始めました。

内閣府が、コロナの影響下での生活意識や行動の変化に関する調査を、2回にわたり実施しました。

「新しいことにチャレンジした」と回答した人は、20歳代は1回目が67.1%、2回目が53.4%と10歳代についで多かったのです。

コロナを境に新しいことにチャレンジ年代別比率

出典:内閣府「第2回新型コロナウィルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査

新しいことにチャレンジすると、思いがけないようなことが待っているかもしれません。

  • 新たな自分の一面を発見する
  • 自分の価値観や性格が変わる
  • 本当に自分がやりたいことが見つかる

夢中になれるものが見つかれば、他人を気にしている時間がもったいなく感じるでしょう。

他人軸の生き方と、決別しているはずです。

打ち込めるものが欲しい人必見!新しい&好きなことの見つけ方20選
打ち込めるものが欲しい人必見!新しいこと・好きなことの見つけ方20選打ち込めるものが欲しいけど、何をやってもうまくいかないし、三日坊主で飽きてしまう。そんな方は、まだ打ち込めるものを見つける状態になっていないかも。この記事では打ち込めるものが欲しい気持ちを解消して、とっておきのやりたいことを探す方法を20個紹介しています!...

3-3.他人に認めてもらいたい気持ちを捨てる

自分らしく生きるための3つ目の方法は、他人に認めてもらいたい気持ちを捨てること。

他人に認めてもらいたい気持ち=承認欲求、が強いほど、他人の人生を歩むことになってしまいます。

承認欲求を、思い切って捨て去ってみてはいかがでしょうか?

「別にクラスメートが自分のことをどう思おうが関係ない」
「あの上司に好かれようとは思わない」

他人が自分のことをどのように思うかなど、コントロールできません。

コントロールできないことに、悩む必要などないのです。

存在価値が欲しい人へ|他人からも自分からも認められる自分に高める4つの方法
存在価値が欲しい人へ|他人からも自分からも認められる自分に高める4つの方法存在価値が欲しいと感じる人はいませんか?実は、自分の存在価値にはあなたが思っていることと違う本質があったんです。本記事では、存在価値の本当の意味と、自分からも他人からも認められて生きやすくなる方法を4つ紹介しています。自分の存在価値を認めて心を軽くしましょう。 ...

3-4.周囲に迎合しない

自分らしく生きるための4つ目の方法は、周囲に迎合しないこと。

迎合とは、自分の気持ちを抑えてでも人に合わせることです。

他人に迎合しているうちは、自分らしい人生など歩めるはずがありません。

他人に合わせるのではなく、自分の気持ちを大切にするのです。

迎合しないということは、他人を否定することではありません。

人にはそれぞれ異なった価値観があることを理解し、自分の考えを大切にしながら、他人の考えも尊重するのです。

自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ
自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ自分軸の見つけ方を知りたい!そんなお悩みがある方は、自分を変えたいと感じるほど周囲に流されて生きる「他人軸」になっている可能性が高いです。本記事では自分軸の見つけ方を5つのステップで解説。自分軸で生きられるとどんな未来が待っているかもわかります。すぐに実践可能...

3-5.好きなことだけをやる

自分らしく生きる4つ目の方法は、思い切って自分の好きなことだけをやってみること。

自分らしく生きられない人の多くは、「~しないといけない」と思ってしまいがちです。

  • 「上司に認めてもらうよう、努力しないといけない」
  • 「恋人に好かれるように、ふるまわないといけない」
  • 「明日までには、この仕事を終わらせないといけない」

このような「~しないといけない」をやめてみませんか?

そして「~したい」と思うことだけをやってみるのです。

  • 「上司は認めてくれるかわからないけど、自分はこのやり方が好きなのでやってみよう」
  • 「彼のことが本当に好きなので、喜ぶことをひたすらやってあげよう」
  • 「この仕事をやるのは明日にして、同僚と飲みに行って楽しい時間を過ごそう」

自分がしたいことをやっていれば、周りにどう思われようが気になりません。

自分の気持ちに素直になることが、自分らしい人生を生きていることなのです。

夢中になれるものの探し方|7つのステップで紹介!【全世代対象】
夢中になれるものの探し方|子供から大人まで使える7つのステップ夢中になれるものの探し方を知りたい方はいませんか?本記事では、夢中になれるものがなく、何をしても続かない、興味がないという方に向けて、夢中になれるものの探し方を紹介しています。7つのステップで気軽に探せますのでぜひお試しください。おすすめの趣味18選も紹介! ...

4.自分らしく生きている人に共通する3つの特徴

にっこりと笑う帽子をかぶった女性

自分らしく生きている人には、共通する3つの特徴があります。

  • 価値観を大切にしている人
  • どんな自分にもOKを出している人
  • 人を敬うことができる人

本来の自分を取り戻すヒントになるかもしれません。

それぞれ見ていきましょう。

4-1.価値観を大切にしている人

自分らしく生きている人は、自分の価値観を基準に判断します。

価値観とは、自分らしさをもっとも象徴するもの。

自分が大切していることやゆずれないことを軸に、行動しているのです。

「7つの習慣」で有名なスティーブン・R・コヴィーが提唱した「生産性のピラミッド」を見てみましょう。

人生における時間管理において、価値観をすべての前提にして積み上げていく考え方です。

価値観が明確であれば、それに沿った目標から、計画、日々の行動まで一貫するので、自分軸がぶれることはありません。


参考:Franklin Planner「イントロダクション2:生産性のピラミッド」

このように自分らしく生きている人は、価値観をすべての土台としてものごとをとらえているのです。

【自分の価値観を知る方法4選】幸せな人生の見つけ方が分かります
【自分の価値観を知る方法4選】幸せな人生の見つけ方が分かります自分の価値観がわからない方は少なくありません。しかし、自分の価値観を知る方法はきちんとあるんです。本記事では、自分の価値観を知る方法を4つご紹介。また、なぜ価値観を知る必要があるのか、価値観を知ったあとはどうしたらよいのかという事まで踏み込んで解説しています! ...

4-2.どんな自分にもOKを出している人

自分らしく生きている人は、自己肯定感の高い人。

ありのままの自分を、受け入れられます。

自己肯定感が高い人の特徴は、以下の通りです。

  • 主体性がある
  • 自分の強みや弱みを理解している
  • 他人に優しい

例え思う通りにいかくても、「そんな自分でOK」と受け入れ、ポジティブにとらえます。

4-3.人を敬うことができる人

自分らしく生きている人は、人それぞれの価値観が大切だと理解しているので、相手の考えに敬意を払えます。

年齢差問わず、人を敬うのは生きる上で大切なこと。

人を敬うことができる人には、以下のような側面が見られます。

  • 感謝の気持ちを常に持っている
  • 他人から学べる
  • 常に謙虚である

人を敬う気持ちが持てれば、その分だけ成長できるチャンスが増えることにもつながります。

そして、いつも穏やかな気持ちでいられるでしょう。

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

まとめ|自分らしく生きることは難しくない

自分らしく生きることについて、ここまで見てきました。

自分の価値観を大切にし相手を尊重する気持ちを持てば、自分らしく生きることは可能なことがお分かりいただけたでしょうか?

この記事をまとめると、以下の通りです。

自分らしく生きることが難しい6つの理由
  • やらされ感を感じながら生きている
  • 自己肯定感が低い
  • 夢や目標がなく惰性で生きている
  • 周りに合わせてしまい自分の考えを押し殺してしまう
  • 他人と比較してしまう
  • 将来お金の心配があるので会社に依存してしまう
自分らしく生きるための5つの方法
  • 自分の性格を知り改善を試みる
  • 新たなことにチャレンジする
  • 承認欲求を捨てる
  • 他人に迎合せず自分の意見や考えを伝える
  • 「~したい」ことだけする

自分らしく生きていないことで息苦しさを感じていれば、気持ちはネガティブになるばかりです。

しかし、自分らしく生きるための5つの方法を実践し、自分を変えるのは意識次第でだれもができること。

より自由で幸せな人生をつかみ取るため、今日からでも実践できるのです。

ABOUT ME
ミヤモトリョウ
「読者ファースト」がモットーのライター兼現役セールスマネージャー。「自由な働き方」を目指して日夜奮闘中。
自分を理解すれば多くの悩みが解決します
以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \