ライフハック

つらい優柔不断の改善はカンタンです|5つの方法で克服させます

「一人で物事を決められずいつも悩んでしまう」
「こんな優柔不断な自分はもう嫌だ」

優柔不断な性格がつらいと悩んでいませんか?

さまざまな情報が飛び交う現代社会では選択肢が多く、確かに物事を決めるのが難しくなっています。

しかし大丈夫です。

優柔不断な性格は、決断のコツを知れば克服するのが可能。

この記事は、優柔不断になる人の特徴や克服するコツについて解説します。

優柔不断を克服すると、得られるメリットまで見ていきますので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

1.つらいほどの優柔不断になる人の特徴11|なぜ決められないのか?

物思いにふける女性

物事を決められない優柔不断な人には、共通する特徴が見られます。

優柔不断な人に見られる以下11の特徴についてまずは見ていきましょう。

  • 決めるのに時間がかかる人
  • 何事も後回しにする人
  • 自信のない人
  • 他人任せの人
  • 捨てられない人
  • 周りの目を気にする人
  • 完璧を求めすぎる人
  • チャンスを逃してしまう人
  • 変化を恐れる人
  • 行動しない人
  • 過ぎたことにこだわる人

1-1.決めるのに時間がかかる人

物事を決めるのに、とにかく時間がかかります。

周囲からイラッとされやすいタイプですね。

例えば以下のような小さな判断でも時間がかかってしまいます。

  • レストランで食事するメニュー
  • 休日に出かける先
  • 今日着ていく服
  • 仕事(作業)の優先順位

自分一人なら良いのですが相手のいる場合は、些細なことに時間を掛けすぎると相手の時間を奪うことになりかねません。

物事を決めるのに時間がかかるタイプは、優柔不断な人の代表的な特徴だと言えます。

1-2.何事も後回しにする人

今この場で決められることも、とにかく後回しにしてしまいます。

答えを出すことから逃げていると言えるでしょう。

特に仕事で、都合の悪いことを後回しにする癖のある人は要注意。

都度対処しておけばそれほど問題にならないことも、放置することで後に大きなクレームに繋がったりします。

何事も後回しにするタイプの人は、ビジネスでは信頼されにくく、大事な仕事を任せて貰えないのです。

1-3.自信のない人

既に自分では答えを見つけているのに、自信がないため開示しません。

頭の回転が良く答えをすぐ導けるのに意見を出さないのは、結局決めていないのと同じこと。

日本人特有の謙虚な性格が、影響しているかもしれませんね。

内閣府が実施した、若者に関して諸外国と比較した調査を見ると、自己肯定感が低い傾向はハッキリしています。

  • 「自分自身に満足している」
  • 「自分には長所がある」

どちらの問いにも「yes」と回答した人の数は、7か国中日本は最下位でした。

諸外国比較 若者の自分自身に満足しているか

諸外国比較 若者自分には長所があるか
出典:内閣府「特集1自己意識|平成26年度版子ども・若者白書」

謙虚と自信のなさは紙一重。

答えを持っているにもかかわらず相手に提示できないのは、自ら可能性を削っているとも言えるでしょう。

自分に自信がないから人と比べる
自分に自信がないから人と比べる癖が抜けない|今すぐ劣等感を手放す方法自分に自信がなく、人と比べてしまうことってありませんか?劣等感を抱えてしまうと、ストレスになってキツいですよね。そんな状態から抜け出すために、人と比べる癖から卒業して劣等感を手放す方法をまとめました。...

1-4.他人任せの人

自分で判断せず、何事においても他人に判断をゆだねます。

要は責任感が無い人。

他人任せの人に見られる特徴は、以下の通り。

  • 仕事に責任感がない
  • モチベーションが低い
  • 失敗を極端に恐れる

このような人へは、依頼する範囲や期限を明確にしたり、進捗を一緒に確認したりと、とにかく手がかかります。

一緒に仕事しにくい、典型的なタイプと言えますね。

親の言いなり 不幸になる
親の言いなりは不幸になるだけ|親に従う人生を抜け出す8つの方法「親の言いなりになりたくない」「親の小言にイラつくのはもう嫌だ」あなたは、このような思いを抱えてはいませんか?こうした子供を支配しようとする親には多くの特徴があります。自分らしい自由な人生を送るために、この記事で支配的な親の特徴と正しい対処方法を学びましょう!...

1-5.捨てられない人

職場のデスクや部屋の中がモノであふれている人。

残念ながら捨てることのできない人は、仕事もプライベートもうまくいかない傾向だと言わざるをえません。

自分にとって、大切なモノとそうでないモノの見極めができないから。

余計なモノに囲まれて仕事している人がするべきことは、自分の状況を俯瞰して今の自分の仕事を大切にするか、モノを大切にするかを考えること。

断捨離について発信しているやましたひでこ氏は、自著で以下のように述べています。

自分のデスクを俯瞰する。「いらないモノ」は腐敗を、「使えるけど使わないモノ」は停滞を引き寄せる。
仕事の成果はデスクまわりにあるモノから見て取れるのです。あなたが最高のパフォーマンスを発揮するためには、あなたが仕事をする環境を整える必要があります。
引用:「捨てる。」やましたひでこ:著(2018年)㈱幻冬舎

1-6.周りの目を気にする人

必要以上に周りの目を気にするあまり、物事が決められない人。

周りの目を気にする人は、以下のような心理が働いています。

  • 他人に嫌われることがとにかく怖い
  • 人に怒られることを怖れている
  • 自意識過剰で常に周りは自分を見ていると思っている
  • 他人の評価を異常に気にする

承認欲求が強い人と言い換えることもできるでしょう。

そしてそのような人は、以下の特徴が見られます。

  • 他人と比較するクセがある
  • ネガティブで被害妄想しがち
  • 劣等感を抱きやすい
  • ムダに理想が高い

「自分に構ってほしい!」ので、一緒にいると疲れてしまうと思われるのです。

他人軸になる6つの原因とは?
他人軸になる6つの原因とは?|これを知らないと息苦しいままです「他人軸になってしまう原因ってなんだろう…」原因を突き止めるのってなかなか難しいですよね。しかし、他人軸になってしまう原因を突き止められれば、自分軸に修正することができます。よくある他人軸になる原因を6つ紹介します。...
しゃがんでこちらを見る若い女性
承認欲求が強い人は無視すべき?うまい付き合い方7選!特徴も解説「承認欲求が強い人と付き合うのは大変」こんな悩みを抱えたあなた。承認欲求が強い人を無視するのはよくありません。だれもが持ちえるものだからです。この記事では承認欲求が強い人との付き合い方た承認欲求が強い人の特徴について解説します。...

1-7.完璧を求めすぎる人

物事の正解を求めるあまり、始動が遅れてしまう人。

責任感が強く、周囲からの信頼を得やすい面もありますが、「できる」と確信するまで動かないので、結果物事を先延ばしするはめになります。

完璧主義な人は、以下の特徴があります。

  • 人に頼ることが苦手
  • 相手にも完璧を求める
  • 細部にこだわるあまり大局を見失う
  • ゼロイチ思考に陥りやすい

また完璧を求めすぎる人は、自分の思い通りにいかないと、途中で投げ出してしまう傾向も見られます。

「このやり方ではおそらく失敗するだろう」

「自分の想像と違う方法なので納得いかない」

完璧を求めるあまり、思考が悪循環に陥りやすいのですね。

1-8.チャンスを逃してしまう人

優柔不断なことで、つかめるチャンスを逃してしまいます。

そして後で後悔するパターン。

以下のような経験がありませんか?

  • どのレストランで食事するか迷っているうちに、「この店がいいかも」と思っていた店が満席になって入れなかった
  • 住む部屋を決める時、迷っているうちに第一希望の部屋が他の人に決められてしまった
  • 職場で新しいプロジェクトに手をあげようか迷っているうちに、同僚に先をこされてしまった

優柔不断ゆえにつかめるチャンスを逃してしまい、より良い人生が送れなくなるのです。

1-9.変化を恐れる人

現状に満足しているわけではないけど、一歩踏み出せない人。

リスクを避け、自分を守りたい心理が働くのかもしれません。

  • 以前からやってみたいと思うことに挑戦できずにいる
  • 恋愛感情が薄れた恋人とずるずる付き合っている
  • いつか転職しようと思いつつ、不満を持ちながらまだその職場で働いている

現状維持バイアスが強い人に見られる傾向です。

1-10.行動しない人

  • 勉強ができない学生とよくできる学生
  • 不幸な人と幸福な人
  • 失敗した人と成功した人

これらの違いは、ずばり「行動力」。

しかし優柔不断な性格が、行動力にブレーキをかけてしまいます。

  • 成果=力量x行動力

力量が才能やアイデア、知識だとすると、行動力がゼロなら成果もゼロとなります。

「後回しにしない技術」では、かのスティーブジョブズ氏やビルゲイツ氏に例えて、以下のように述べられています。

彼らが偉大なのは、彼らの知識やアイデアがずば抜けていたからではなく、彼らが実行したからにほかならない。99%の平凡な人たちも、数千通りの優れたアイデアを持っている。ところが、彼らは実行しない。一方、1%の特別な人たちは違う。彼らはアイデアを必ず行動に移す。
引用:「後回しにしない技術」イ・ミンギュ:著(2021)文響社

優柔不断で行動できない人は、幸せになる可能性を自ら放棄しているのかもしれません。

1-11.過ぎたことにこだわる人

こだわりが強い人は以下のタイプに分かれます。

  • ひとつの物事を追求するタイプ
  • 小さなことも必要以上に気にしてしまうタイプ

優柔不断な人に見られがちなのは、後者のタイプ。

「あのときこちらを選択すれば、もっと違う人生になったかも」

「もっと違う言い方をすれば、まだ仲良くできていたかも」

過ぎたことにこだわってしまい、いつまでたっても前向きな気持ちになれません。

優柔不断な人は、振り返っても仕方がない過去を、いつまでもクヨクヨと悩んでしまうのです。

気持ちの切り替えトレーニング
気持ちの切り替えトレーニングを状況別に5つ紹介!今すぐスパッと切り替え可能!「気持ちの切り替えができない」「イヤなことが忘れられない」そんなときは、自分に合ったトレーニング法で気持ちの切り替え力をアップしましょう!日常で手軽にできる方法だけでなく、アスリートの気持ちの切り替え法もご紹介します!...

2.優柔不断を改善する5つの方法|決断のコツを知れば決めるのはカンタン

海辺で両手を広げ開放感にひたる女性

これまで優柔不断な人に見られる11の特徴について見てきました。

優柔不断な自分を、克服する方法はあるのでしょうか?

優柔不断な人は、以下の5つを意識することをおすすめします。

  • 判断基準を設ける
  • 時間を決める
  • 絶対に正しい答えなどないことを理解する
  • 人に認めてもらいたい気持ちを捨てる
  • 自分のなかのバイアスを知る

考えを少し変え決断するコツさえつかめば、優柔不断は克服できるのです。

克服するコツを、それぞれ見ていきましょう。

2-1.判断基準を設ける

1つめのコツは、判断基準を設けること。

自分の中で判断する基準を設け、その通りに決断すれば悩むことはありません。

  • 食事するレストランで迷った時は、最初に見つけた店にする
  • 仕事の優先順位で迷うときは、緊急度が高く且つ重要度が高い仕事を優先する
  • 職場、友人、家族、恋人との時間で、重なった場合は家族を優先する

「迷った時、自分はこれを優先する」という基準を決めておけば、いつまでも悩むことなく行動に移せます。

選択肢が複数ある場合は、まず2つに絞るのも有効。

そして自分の判断基準と照らし合わせて、二者択一するのです。

自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ
自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ自分軸の見つけ方を知りたい!そんなお悩みがある方は、自分を変えたいと感じるほど周囲に流されて生きる「他人軸」になっている可能性が高いです。本記事では自分軸の見つけ方を5つのステップで解説。自分軸で生きられるとどんな未来が待っているかもわかります。すぐに実践可能...
【自分の価値観を知る方法4選】幸せな人生の見つけ方が分かります
【自分の価値観を知る方法4選】幸せな人生の見つけ方が分かります自分の価値観がわからない方は少なくありません。しかし、自分の価値観を知る方法はきちんとあるんです。本記事では、自分の価値観を知る方法を4つご紹介。また、なぜ価値観を知る必要があるのか、価値観を知ったあとはどうしたらよいのかという事まで踏み込んで解説しています! ...

2-2.時間を決める

2つめのコツは、物事を決める時間を設定すること。

人生は、たやすく物事を決められる場面だけではありません。

  • 今勤めている会社から転職するか?
  • 付き合っている相手と結婚するか?

上記のように簡単に決められないこともあるでしょう。

そんな時は、「いつまでに決める」という時間をまず決めるのがおすすめ。

決断するまでの時間を決めると、次に行動することが見えてくるからです。

「今の会社を辞めて転職するべきか?5ヵ月以内に決めよう。そのためには、1か月目は転職先のリサーチ、2か月目は転職先を決定させ、今の会社に退職願いを出さないといけないな。」

「今の彼氏と結婚すべきか?仮に1年後に結婚すると決めよう。半年前には結婚の準備が必要。ではこの半年の間に、お互いの価値観についてすり合わせが必要だよね。」

人生の難しい決断においても、時間軸を定め「いつまでになにをするべきか?」を逆算して決めていくことで、適切な判断がしやすくなります。

人生の優先順位の決め方
人生の優先順位の決め方|7つの基準で人生で優先すべきことがわかる「人生の優先順位の決め方がわからない」そんな悩みを抱える方に向けて、7つの決め方を紹介します。5冊の参考書籍や、ライターの個人的な体験談も紹介するので参考にしてください。...
優先順位が簡単に決まる!3つのマトリックスをテンプレートで解説「仕事があふれて収拾がつかない」このように悩んでいる方向け。重要なことや緊急なことを4つの領域に整理して、優先順位を明確にすることがビジネスパーソンに求められています。おすすめの3つのマトリックスとテンプレートについてわかりやすく解説します。...

2-3.絶対に正しい答えなどないことを理解する

3つめのコツは、世の中に絶対正しい答えなどないと理解すること。

絶対に間違えないように判断しようと考えてしまうと、プレッシャーから考えを誤ってしまうこともありえます。

政治評論家の橋下徹氏は、大阪府知事時代を振り返り、悩みぬいても正解が分からないことは割り箸になった気分で決めていたそうです。

はしが倒れた方に決める、ぐらいの気持ちが自分をラクにさせ、正しく判断させたのでしょう。

そして自著「実行力」で以下のように述べています。

失敗しても命まで取られることはないのですから、「絶対に失敗しちゃいけない」などと考えないほうがいい。絶対正しい解なんて、そう簡単に見つかりません。リーダーは決めなければならない立場ですから、「正解が分からなくても決める」「どうしても迷ったら最後は割り箸になった気分で決める」というふうに考えておけばいいと思います。
引用:「実行力」橋下徹:著(2019年)㈱PHP研究所

特に判断が難しいことは、正しい答えなど無いかもしれません。

であれば、悩むだけ時間のムダになります。

自分の人生は自分で決める
自分の人生は自分で決める決断力を磨く5つの方法|人生を切り開く決断のコツとは?「自分の人生は自分で決める」と思っても、いざとなると迷いや不安が湧いてきませんか?この記事では、自分の人生を歩むメリットや、後悔しない判断をするためのコツを書籍をもとにまとめます。自分らしく充実した人生の一歩を一緒に踏み出しましょう。...

2-4.人に認めてもらいたい気持ちを捨てる

4つめのコツは、承認欲求を捨てること。

有名なマズローの5段階欲求説で、上から二番目の欲求である「承認欲求」はだれもが持つ欲求で、なかなか捨て去れません。

承認欲求が強い人は他人の考えに迎合するあまり、自分の意見が言えずストレスの多い人生になりがちです。

「他人は他人、自分は自分」と開き直り、以下のように考えてみてはいかがでしょう?

  • 「理不尽な上司からは、何を言われても気にしない。認めてもわなくても別に構わない。」
  • 「考えが違う友人から好かれようとは思わない。付き合わなくてもOK。」
  • 「価値観が違う恋人に合わせる必要ななし。別れてもいいよ。」

決断の結果がどうあれ、人に認めてもらいたい気持ちを捨てると、ノーストレスの自分らしい人生が待っているはずです。

存在価値が欲しい人へ|他人からも自分からも認められる自分に高める4つの方法
存在価値が欲しい人へ|他人からも自分からも認められる自分に高める4つの方法存在価値が欲しいと感じる人はいませんか?実は、自分の存在価値にはあなたが思っていることと違う本質があったんです。本記事では、存在価値の本当の意味と、自分からも他人からも認められて生きやすくなる方法を4つ紹介しています。自分の存在価値を認めて心を軽くしましょう。 ...

2-5.自分のなかのバイアスを知る

5つめのコツは、自分のなかのバイアスを知ること。

人は日々接する相手は、自分と似た境遇に偏りがちです。

学生なら同年代のクラスメイト、社会人なら同じ仕事に就いている人など。

そのなかで価値観は偏り、小さい世界の常識が全体の常識と思い込むフシがあるのです。

そんなときは、「自分のなかのバイアス」を知りあえて取り払ってみることが効果的。

似た境遇の人同士で固まると、価値観が偏ります。であれば、性別や年代や職業の違う人と接するのが一番の解決策です。
自分と性別、境遇、年代などが違う友人を作り、気軽に電話やメールで話のできるような関係を築いておくことは、とても大事だと思います。
引用:「東大主席弁護士が教えるブレない思考法」山口真由:著(2015年)㈱PHP研究所

自分のなかのバイアスを取り払い、より多くの人と接することで、価値観が偏らず正しい判断ができる理想の自分に近づけるでしょう。

3.優柔不断を克服する3つのメリット|もう誰かを怒らせたりせずに済む

草むらで椅子に座り読書する女性

では優柔不断を克服すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

優柔不断を克服すると、得られるメリットは以下の3つ。

  • 時間に余裕ができやりたいことができる
  • 後悔せず前向きになれる
  • ストレスの無い人生が送れる

優柔不断を克服した自分を、イメージしてご覧ください。

3-1.時間に余裕ができやりたいことができる

優柔不断を克服すると時間に余裕ができ、本来自分がやりたいことができるようになります。

判断や選択に悩んでいた時間が減り、主体的に取り組む時間が確保できるから。

これまで時間に追われてきた自分から、時間を主体的に使える自分に変化するのです。

決断に費やす時間をなくすことで、以下のような自分の時間が持てるはず。

  • 教養を深めるため読書する時間
  • エステやジムなど自分磨きの時間
  • 趣味を楽しむ時間

優柔不断でいつまでも悩んでいる姿はなく、結果はどうあれ自分で納得いくよう判断し、やりたいことに集中できる自分がいるでしょう。

夢中になれるものの探し方|7つのステップで紹介!【全世代対象】
夢中になれるものの探し方|子供から大人まで使える7つのステップ夢中になれるものの探し方を知りたい方はいませんか?本記事では、夢中になれるものがなく、何をしても続かない、興味がないという方に向けて、夢中になれるものの探し方を紹介しています。7つのステップで気軽に探せますのでぜひお試しください。おすすめの趣味18選も紹介! ...

3-2.後悔せず前向きになれる

優柔不断を克服すると、物事を自分で判断できるようになります。

もはや他人の判断に依存する自分はいません。

自分で決断したことの結果がどうあれ、後悔はしないでしょう。

自分で判断した結果が例え間違っていても、以下のように思えるはずです。

「Aと判断したけど、結果Bのほうが良かったみたい。だが過ぎたことを気にしてもしょうがない。
なぜその時Aと判断したのか自分なりに分析して、次は正しい判断ができるようにしよう。」

終わったことにクヨクヨせず、次どうするべきかと前向きに考えられるのです。

3-3.ストレスの無い人生がおくれる

優柔不断を克服すると、自分の中で正しい判断基準が生まれます。

幸福になるため何に重きを置くかは、人それぞれ。

お金という人もいれば、健康もしくは他人との繋がりに幸福を求める人もいるでしょう。

以下のように、人によって幸福度の項目はさまざまです。

幸福度の項目
出典:幸福度に関する研究会「幸福度に関する研究会報告」

自分が幸福であるための大切な要素に重きを置き決断するので、ストレスのない人生が送れるのです。

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

まとめ|優柔不断を克服すると自分らしい人生がおくれる

ここまで、優柔不断な人の特徴や改善方法について見てきました。

決断するコツをつかむことで、優柔不断な自分を克服することが可能だとお分かり頂けたでしょうか?

この記事をまとめると以下の通り。

優柔不断な人に見られる11の特徴
  • 決めるのに時間がかかる人
  • 何事も後回しにする人
  • 自信のない人
  • 他人任せの人
  • 捨てられない人
  • 周りの目を気にする人
  • 完璧を求めすぎる人
  • チャンスを逃してしまう人
  • 変化を恐れる人
  • 行動しない人
  • 過ぎたことにこだわる人
優柔不断を改善する5つの方法
  • 判断基準を設ける
  • 時間を決める
  • 絶対に正しい答えなどないことを理解する
  • 人に認めてもらいたい気持ちを捨てる
  • 自分のなかのバイアスを知る
優柔不断を克服する3つのメリット
  • 時間に余裕ができやりたいことができる
  • 後悔せず前向きになれる
  • ストレスの無い人生がおくれる

優柔不断な自分がつらいと感じていても、落ち込むことはありません。

決断するコツをつかめば、優柔不断な自分は変えられます。

意識すればすぐできることばかりなので、一度取り組んでみてはいかがですか?

ABOUT ME
ミヤモトリョウ
「読者ファースト」がモットーのライター兼現役セールスマネージャー。「自由な働き方」を目指して日夜奮闘中。
自分を理解すれば多くの悩みが解決します
以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \