人間関係

自分がクズだと気づいたあなたへ!明日からできる対処法を紹介!

自分がクズだと気づいたあなたへ! 明日からできる対処法を紹介!

自分がクズだと気づいた瞬間はありませんか?

恋愛や仕事など、様々なシチュエーションで誰しもチラッとクズさが出てしまうことがありますよね。

実際のアンケートで、「クズ」と聞いて心当たりがあるという人は一定数いるようです。
「人間のクズ」と聞いて心当たりがある?
参考:人間のクズの特徴8選!人間のクズを見分ける方法と更生する方法は?

クズは一般的に悪い例で使われることが多いので、「クズのままでいたい!」という人はきっと少ないですよね?

では、どうすればクズから抜け出せるのでしょうか?

それは、「自分の現状を把握し、行動に移すこと」で解決できますよ。

この記事では、自分をクズだと思ってしまう理由と、その対処法を紹介します。

理由を知って行動すれば、自分のことをクズだと責めず続けてしまう毎日から抜け出せますよ!

スポンサーリンク

自分がクズだと気づいた瞬間3つ

舟に腰掛ける女性
まず、どういう時に自分がクズだと気づくのでしょうか?

気づく瞬間に、クズを抜け出すヒントが隠れているかもしれません。

以下の3つを順番に紹介していきます。

  • 他人に指摘された
  • 相手に迷惑をかけてしまった
  • 周りから人が離れていった

他人に指摘された

まず、他人から指摘されて自分のクズさに気づくことがあります。

恋人、上司、同僚など、普段関わっている人から言われてふと気付くパターンです。

心を許している人だとより本性が出てきてしまうので、このパターンが一番多いのではないでしょうか。

身近な人から言われると説得力もありますし、自分を見つめなおす必要がありそうです。

相手に迷惑をかけてしまった

相手に迷惑をかけてしまい、自分はクズだったと気づく場合もあります。

例えば、恋人が傷ついた、取引先に迷惑をかけてしまったなどのケースですね。

しかし、大体の人が仕事でミスをしているというアンケートがあります。

もちろん程度に差はあれど、みんな一度は自分をクズだと感じたことがあるのかもしれませんね。

仕事のミス

出典:99%の女性が経験している仕事でのミス、“言い訳せず正確に” “とにかく早く”報告することが大事。『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート集計結果

周りから人が離れていった

周りから人がいなくなって、「もしかして自分って嫌われてる?」と思ったことはないですか?

  • 遊びに誘われなくなった
  • 結婚式に自分だけ呼ばれなかった
  • インスタで友達が遊んでいたことを知る

こんなことが起きると、少なくとも好かれてはないだろうなと思いますよね。

実際、4割近くの人が自分だけ呼ばれなかった経験があるみたいです。

友達の集まりに呼ばれなかった
出典:悪気はなくても悲しい… 友達の集まりに自分だけ呼ばれなかった体験談

自分がクズだと気づいたらやるべき対処法をパターン別に紹介

作戦会議
自分がクズだと気づいたらどのような行動をとれば良いのでしょうか?

人の性格はさまざまあるので、自分がクズだと気づいた時の気持ち別に解説していきます。

パターンは以下の3つです。

  • 自分を否定してしまう時
  • 自分を変えたいと思えた時
  • 何も考えたくないとき

自分を否定してしまう時

自分がクズだと気づき、「こんな自分はダメだ…」と感じてしまうあなた。

自分を否定してネガティブになると、さらに人は離れていってしまいます。

まずはクズな自分を認め、前向きな言葉を発することから始めましょう。

言葉を変えると行動も変わります。

ニューヨーク大学のバルフ教授が行った実験で、言葉は行動に影響を与えるのかというものがありました。

その研究内容は以下の通りです。

バルフ教授は被験者に、バラバラの言葉を使って短い文章を作る作業をしてもらった。

その際、一つのグループにだけ老人を連想させるような言葉(杖や孤独)を入れて実験を行ったところ、作業後に廊下を歩いてもらった時、老人を連想させる言葉を扱ったグループは、その他のグループに比べて歩くスピードが遅かった。

参考:Automaticity of Social Behavior: Direct Effects of Trait Construct and Stereotype Activation on Action

これは、言葉が行動に影響を与えると言えそうですよね。

前向きな言葉を意識的に発して、周りに人を呼び込めるようにしていきましょう。

自分を変えたいと思えた時

自分を変えたいと思えた時はクズになってしまった原因を考え、今後そのような状況に出くわした時に、クズではない行動ができるようにシミュレーションしてみましょう。

イギリスのシェフィールド大学の研究で、目標に対する具体的な行動を決めておくと、パフォーマンスが高まるという結果が得られています。

クズを抜け出すという目標のために、どんな具体的な行動をすればよいかを考えておくことは、パフォーマンスを高めると言えそうですね。

理想の友達に話を聞いてみるのもアリです。

意外な考えも聞けるかもしれませんよ。

何も考えたくないとき

何も考えたくないときは、とりあえず開き直るのもアリです。

「自分は悪くない」「相手が先に仕掛けてきたから」

それで心を落ち着かせましょう。

ただ、そのままで良いわけではないですよ。

考える余裕が出てきたら、上記の2つのどちらかの感情が出てくるので、行動に移しましょう。

自分がクズだと気づいた時に読みたい本3選

本と眼鏡
ここまで、自分がクズだと気づいた瞬間とその対処法を紹介してきました。

それに加えて、自分がクズだと気づいたら以下の3冊をぜひ読んでほしいです。

  • クズより怖いものはない
  • あやうく一生懸命生きるところだった
  • 自分の小さな「箱」から脱出する方法

今の自分を少しでも好きになれたり、行動するときに背中を押してくれるような内容になっています。

「クズから抜け出したい!」という人は、ぜひ読んでみてください。

クズより怖いものはない

カレー沢薫さんの著書で、まずは自分をクズだと認めることが大事、自分がどんなクズかが分かれば、他人のクズな部分が見えてきて対策できるといった内容です。

まずは、自分をクズだと認めることが大事ということで、「自分はクズじゃない!」と抗ってしまう人も多いのではないでしょうか。

自分をクズだと認めると、クズなところを冷静に分析できるようになり、改善につながります。

また、相手のクズなところを見て「うわ、嫌だな…」と感じたところを自分もやっていないか、なぜ嫌だと感じたのかチェックすることも可能です。

クズを抜け出す入門書のような本ですよ。

あやうく一生懸命生きるところだった

ハ・ワンさんの著書で、自分を悲観し過ぎてしまうと良くなく、ダメな自分を認めると自尊心も向上するといった内容です。

自分を責めてしまう人には、特におすすめの内容になっています。

決してあなただけがクズなわけではなく、誰しもクズな一面は持ち合わせているはずです。

自分がクズだと気づき、このままではダメだと思えたのは素晴らしいことと思わせてくれます。

どうしても自分を責めてしまう、そんなあなたにおすすめの本ですよ。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

身の周りの人間関係はすべて自分が原因で引き起こしているもので、相手の問題ではなく、自分の問題であるといった内容です。

著者はアービンジャー インスティチュートさんで、よい人間関係を作るコツが分かります。

クズな人の周りからは、どうしても人が離れていってしまうもの。

そうならないように、うまい人間関係の作り方や考え方が載っています。

人間関係に悩んでいる人におすすめの1冊です。

まとめ:自分がクズだと気づいたその瞬間から行動は変えられる

「自分がクズだと気づいてしまった…」

そんな時は、現状を把握し、行動に移しましょう。

行動することで、クズから抜け出すことができます。

決してあなただけがクズなわけではありません。

誰しもクズな一面は持っていますが、それに気づけたあなたは素晴らしいです。

どうしても行動できないときは、紹介した本を読んで背中を押してもらいましょう。

行動した先には、明るく楽しい生活が待っていますよ。

さあ、クズな自分から抜け出しましょう!

ABOUT ME
シライシタイヘイ
生まれも育ちも宮城県の塾講師。2021年3月~ライターとして活動中。趣味は料理とゲーム。