人間関係

人に流されやすい自分を直したい人へ!影響されない人になれる7つの方法

「人の目を気にして自分の意見が言えずいつも後悔する」
「人に流されやすい自分にうんざり」

人に流されやすく自分を出せない性格に、悩んでいませんか?

人に流されやすい人には、共通する特徴がみられます。

この記事では、他人に流されやすい自分を直す改善策や、周りに流されやすい人の特徴についてお伝えします。

スポンサーリンク

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

1.人に流されやすい性格を直したい!7つの改善策

川を眺めながら座る女性

人に流されやすい自分を直したいと思ったら、意識と行動を変えなければいけません。

ポイントは以下の7つです。

  • 自己肯定感を持つ
  • 最終判断は自分がすると決める
  • 嫌われてもいいと思う
  • ひとりで行動してみる
  • スキルを身につけ自信を深める
  • 自分の意見を主張する
  • 自分のことだけ考える

それぞれ見ていきましょう。

1-1.自己肯定感を持つ

自己肯定感を持つと自分の大切さに気づき、周りに左右されない心が持てます。

「こんな自分じゃダメだ」
「自分は嫌われている」

自己否定しがちな人は、自分は間違っていて相手が正しいと思いがち。

それで人の意見に流されてしまうのです。

自己肯定感を持つには、ネガティブな思い込み(自己否定)を手放しましょう。

(会社に行きたくない)と泣いていた僕が無敵になった理由」の著者加藤隆行氏は、自己肯定感を取り戻す以下3つの習慣を紹介しています。

  • いつも「自分」をねぎらう
  • 「自分にOKぐせ」をつける
  • ネガティブ感情だからこそ肯定する

引用:「(会社行きたくない)と泣いていた僕が無敵になった理由」加藤隆行:著(2019)株式会社小学館

例えば以下のように思い込んでみるとどうでしょうか?

「毎日朝から満員電車で会社に行くわたし。おつかされま!」
「今日はうまく会議でしゃべれなかった。自己採点50点だけどOKにしよう!」
「仕事のプレッシャーが怖い。しかし怖いと思える自分も本当の自分。こんな自分を大事にしよう!」

「こんな自分でOK」と思えたら、自分を信じられるはず。

自分を信じれば、人の意見に振り回されなくなりますよ。

自己肯定感 上がらない
あなたの自己肯定感はなぜ上がらない?|自分を変える5つの秘策「自己肯定感が上がらない」「いろいろな方法を試したけれど、どれも効果を感じられない」そんな悩みを抱えるあなたでも、自己肯定感を高めることは可能です。あなたに向けて、根本的な”自己肯定感が上がらない原因”と適切な対策方法をお伝えします。...
自己肯定感を高めて幸福度アップ! 具体的な方法を解説
自己肯定感を高めて幸福度アップ!具体的な方法を解説「自分は幸福度が低いかも…」そう感じる原因の一つは自己肯定感の低さです。自己肯定感を高めていけば、幸福度も自然と上がってきますよ。この記事では、自己肯定感を高めて幸福度を上げる方法を解説しています。...

1-2.最終判断は自分がすると決める

色々意見を言ってくる周りの人は、ある意味他人ごと。

自分のことではないので、思いついたことを言います。

参考にするのは良いのですが、最終的に決めるのはあくまでも自分。

「自分で決める」とき、大切なのが「判断力」です。

判断力は生まれつき備わった能力ではなく、訓練すればだれもが身につけられる能力。

判断力を高めるには、以下のポイントを意識してみてください。

  • ものごとをシンプルに考える
  • 明確な目的を持つ
  • 長期的目線で考える

人の意見に流されやすい人は、最初は自分で判断するのは怖いかもしれません。

しかし小さなことでも意識して訓練すれば、判断力は鍛えられます。

自分の人生は自分で決める
自分の人生は自分で決める決断力を磨く5つの方法|人生を切り開く決断のコツとは?「自分の人生は自分で決める」と思っても、いざとなると迷いや不安が湧いてきませんか?この記事では、自分の人生を歩むメリットや、後悔しない判断をするためのコツを書籍をもとにまとめます。自分らしく充実した人生の一歩を一緒に踏み出しましょう。...

1-3.嫌われてもいいと思う

人に流されないためには、自分の考えを貫くことが大切。

考えが異なれば相手と衝突し、嫌われてしまうかもしれません。

しかし嫌われることを恐れて、相手に合わせてはいけないのです。

19世紀生まれのユダヤ系オーストリア人心理学者、アルフレッドアドラーの考えを書いた
「嫌われる勇気」では、嫌われることについて以下のように述べられています。

他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない。つまり自由にはなれないのです。
引用:「嫌われる勇気」岸見一郎・古賀史健:著(2014)ダイヤモンド社

すべての人から好かれることは不可能。

「Aさんの考えは違うと思ったので意見を言ったら、なんか怒ってたな。嫌われたかも。でも、まあいいか。」

人に流されず自分の考えを貫くなら、多少嫌われても仕方ないと思える広い心が必要なのです。

朝焼けの空
自分の人生を生きている人9つの特徴【他人の人生を生きてはダメ!】「他人の顔色ばかり気にして自分はいつも後回し」このように悩んでいるあなた。他人の人生を生きていませんか?意識を少し変えるだけで改善できます。この記事は自分の人生を生きている人の特徴や、自分の人生を生きていくための具体的な方法まで解説します。...

1-4.ひとりで行動してみる

一人で行動すれば、決めるのはすべて自分。

周りに頼れない状況を、意図的に作ってみてはいかがですか?

  • ひとりで買い物に行き、自分が欲しいものを買う
  • ひとりで旅行に行き、自分が行きたい場所に行く
  • ひとりでご飯を食べに行き、自分が食べたいものを注文する
  • ひとりで映画館に行き、自分の観たい映画を観る

ひとりで行動する習慣をつけると「自分がやりたいこと」を優先するようになり、周りに流されなくなるはずです。

特におすすめは、ひとり旅。

以下を決めるのはすべて自分です。

  • 行き先
  • 泊まる宿
  • 食事
  • 観光する場所

人に流されやすい性格を直したい人には、ひとり旅は絶好の訓練となるのでおすすめです。

孤独に強い人の特徴は?孤独感に負けない自分を作るための5ステップ
孤独に強い人の特徴は?孤独感に負けない自分を作るための5ステップ孤独に強い人ってメンタルが強そうなイメージだけど本当?そんな疑問を持つ人もいますよね。この記事では、孤独に強い人にはどんな特徴があるのかを解説しています。また、孤独感が強い人でも、孤独に負けない人になれる方法を5つのステップで紹介します!あなたも変われますよ! ...

1-5.スキルを身につけ自信を深める

人に流されやすいのは、自分に自信がないから。

例えば経験したことがない仕事を任されたら、経験豊富な先輩の助言に流されてしまいます。

その結果、満足いくものにならなければ後悔しますよね?

自信がなければ、つい以下のように思ってしまいがち。

  • 相手のほうが優れている
  • 相手のほうが正しい

自信を持つにはそれなりの「裏付け」が必要で、裏付けを証明するのが「スキル」です。

スキルを身につけるには、例えば以下の方法があります。

  • 資格取得のため勉強する
  • ビジネス書や新聞を読む
  • 研修やセミナー、講習会に参加する
  • 趣味の幅を広げる

何かひとつでもスキルを身につけると自信が深まり、結果として人に流されなくなります。

自分を高める勉強と習慣の内容を大公開!習慣化させる5つの方法!「自分を高めたいんだけど、具体的にどんなことをすればいいの?」自分を高めるには勉強や、生活習慣を改善する方法があります。しかし勉強や習慣を「習慣化」させることは難しいです。自分を高めるためのおすすめの勉強内容と生活習慣を紹介!習慣化させる方法もお伝えします。...

1-6.自分の意見を主張する

人に流されやすい性格を直すためにも、自分の考えを主張してみませんか?

生活するうえで欠かせないのが、人とのコミュニケーション。

同意や共感するときもあれば、違う考えのときもあります。

自分は違う考えなのに相手に合わせてばかりでは、ストレスの多い人生になってしまいますよね。

相手に合わせてばかりの人の心理は、以下の通りです。

  • 相手に嫌われたくない
  • 自分が我慢すればいい
  • 衝突を避けたい

自分の意見を主張するときは「アイメッセージ」が効果的。

アイメッセージとは、自分の感情や気持ちを述べることです。

  • 「わたしは~で悲しいです」
  • 「わたしは~があまり好きではありません」
  • 「わたしはいま~したいです」

自分の気持ち述べているので、相手の気持ちや性格の否定になりません。

人に流されないためにも、アイメッセージを使い自分の意見を主張しましょう。

1-7.自分のことだけ考える

「自分のことだけ考える」と聞くと、自己中心的だと思うかもしれません。

しかし私たちは、自分のことに集中して生きるしかないのです。

未来のことなどだれもわかりません。

となれば、自分が正しいと思う事をやるしかありません。

「こんなことしたら人にどう思われるだろう?」
「こんなことを言ったら変に思われないかな?」

このように考えてしまう人は、やりたいのではなく、やらないための言い訳を探しているだけなのです。

堀江貴文氏は自著「自分のことだけ考える」で、SNSでの反応について以下のように述べています。

だから僕は、他人の反応なんてまったく気にしていないことにしている。
重要なのは「自分がどう言われるか」「どう思われているか」ではなくて、「自分が何をするか」「それによって何が変わるのか」ということ。
引用:「自分のことだけ考える」堀江貴文:著(2018)ポプラ社

人に流されやすい人こそ、意識して自分のことだけ考えてみてください。

もし失敗しても自分の責任だと受け止められるので、後悔はしないはずです。

人のために生きることに疲れた
人のために生きることに疲れた|自分の人生を取り戻す5つの方法「人のために生きる人生に疲れてしまった」そう思うことって、誰にでもあると思います。もう少しだけわがままに自分の人生を歩むために、押さえておきたい5つの行動をまとめました。...

2.人に流されやすい人に見られる7つの特徴

ビルのフェンスにもたれて悩んでいる女性

人に流されやすい人には、共通の特徴があると記事冒頭でお伝えしました。

他人に流されやすい人の、以下7つの特徴について見ていきましょう。

  • 他人に依存している
  • 人に嫌われたくないと常に思っている
  • 自分に自信がない
  • 自分の意見を言わない
  • 自分の中でのこだわりがない
  • 個性がない
  • 孤独を恐れている

ひとつずつ見ていきます。

2-1.他人に依存している

自分で考え行動するよりも、周りに合わせたほうが楽だと考えてしまいます。

一般的に他人に依存する人は、以下の特徴が見られます。

  • 空気を読みすぎたり他人の顔色を必要以上に気にする
  • 自分に自信がない
  • ストレスを持ちやすい

人に流されやすいということは、決断力や自己主張がなく他人にすべてを任せてしまうこと。

  • 「だれかに救ってほしい」
  • 「だれかに幸せにしてほしい」

積み重なって、他人依存となるのです。

生き辛い「自分がない」を克服!他人軸から自分軸で生きる方法
自分がない辛い悩みを克服!他人軸ではなく自分軸で生きる方法「周りに流されてばかりで自分がない」自分がなくて辛いと感じる人は他人を優先にして生きてしまっています。まずは現状を受け入れて自分の軸を持つことが大切です。自分軸を持つための方法を筆者の体験談も含めてまとめました。...

2-2.人に嫌われたくないと常に思っている

相手から嫌われるのを恐れるあまり、たとえ自分の考えと違っていても同意します。

過去の経験や性格が、影響しているかもしれません。

信頼してた人から嫌われた経験がある人は、「二度と同じ思いはしたくない」と本能的に構えてしまいがち。

また性格上、相手の気持ちをネガティブに深読みしてしまうクセもあります。

相手は別に気にしていないのに、「あの人はわたしに怒っている。嫌われてしまった」とあらぬ詮索するのです。

気を使いすぎる人や、自意識過剰な人に多いようですね。

メンタルが弱い人が辛い気持ちを解消する方法
メンタルが弱いと感じている人へ|辛い気持ちが軽くなる14の方法メンタルが弱いことで「社会で生き辛い」と悩んでいる人にとって朗報です。メンタルが弱いことは、決して恥ずかしいことではありません。人にはそれぞれ個性があります。その個性に応じた生き方が存在するのです。メンタルが弱いと悩んでいる人でも楽に生きる方法をお伝えします。 ...

2-3.自分に自信がない

自信がないため周りが自分よりも優れていると思い込み、結果周囲の意見を聞き入れてしまいます。

そもそも日本人は、自信がない傾向が顕著。

内閣府の調査でも「自分自身に満足している」と回答したのは45.8%で、外国と比べてダントツに低い結果でした。

自分自身に満足している人各国の比較
出典:内閣府「特集1自己認識平成26年度版子ども・若者白書」

自分に自信がない人は、以下の特徴が見られます。

  • 発言が常にネガティブ
  • ボソボソと小さい声でしゃべる
  • 100%の出来でないと納得しない
  • 説得力が弱い
  • 引っ込み思案で自分を出さない

自己肯定感が低く、自分を大切にしない面が見受けられます。

自分に自信がないから人と比べる
自分に自信がないから人と比べる癖が抜けない|今すぐ劣等感を手放す方法自分に自信がなく、人と比べてしまうことってありませんか?劣等感を抱えてしまうと、ストレスになってキツいですよね。そんな状態から抜け出すために、人と比べる癖から卒業して劣等感を手放す方法をまとめました。...

2-4.自分の意見を言わない

他人に合わせがちな人は、自分の意見を言わない傾向があります。

自分よりも他人を優先させるので、自分の意見は後回しになるのでしょう。

コミュニケーションを円滑にするには、言葉でしっかりと伝えなければいけません。

3,566人を対象にした文化庁の調査では、「互いの考えていることをできるだけ言葉に表して伝え合うこと」を人は重視しています。

互いに分かり合えるために大事なことの調査
出典:文化庁「平成28年度国語に関する世論調査の結果の概要

自分の意見を言うのは、言動に対して責任を負うこと。

自分の意見を言わない人は、責任の所在を曖昧にする事なかれ主義なのです。

2-5.自分の中でのこだわりがない

こだわりのない人は、自己主張せずものごとに執着しません。

いつも他人任せで、周りに流されやすい典型的な人だと言えます。

こだわりのない人の特徴は以下の通り。

  • 周りに合わせる方が楽だと考えている
  • 細かいことは気にしない
  • 周囲の意見に流されやすい
  • 周りへの興味が薄い
  • リスクを避ける

一方プライドが薄いため、周囲と円滑にコミュニケーションを図れる側面もあります。

しかしいくら周囲と円滑にコミュニケーションが図れても、人に流されてばかりでは楽しい人生だとは言えませんよね。

自分らしく生きるためには、譲れないものや大切にしているものへのこだわりは持つべきでしょう。

何のために生きているのかわからない
何のために生きてるのかわからない|後悔しない生き方5パターンとは?変わり映えしない日々やちょっとしたトラブルのせいで「何のために生きてるのかわからない」と感じることはないですか?漠然とした不安や焦り、無力感を抱いてしまって辛いですよね…。ここでは人生の目的を明確にし、幸せに生きるための具体的なアクションを紹介します。...

2-6.個性がない

個性がないと思われる人は、人と違うことはいけないことだと思ってしまい、周りに合わせてしまいます。

協調性があるとも言え、集団生活においては悪いことではありません。

しかし周りを気にして自分を押し殺してばかりだと、自分の長所を削ることにもつながります。

平成30年に内閣府が行った若者の意識に関する調査でも、「自分には長所があると感じている」人は、平成25年と比較して6.6%減っています。

諸外国と日本の若者の意識調査
出典:出典:内閣府「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成30年度)」

長所とはだれもが持っているその人の個性。

本来持っている個性に気づかないのは、もったいない人生だと言えますね。

2-7.孤独を恐れている

人に流されやすい人は、孤独を恐れています。

わずらわしい人間関係の悩みもありますが、孤独になるよりマシだと思っているのでしょう。

  • ムダな飲み会
  • 気の乗らない友だちとの約束
  • 断れない会社の上司や同僚との付き合い

面倒臭いと思いつつも、断ることができません。

そしてより一層希薄な人間関係を築き上げてしまうのです。

本当に強い人が孤独に見える理由&本当に強い人の特徴9つ「本当に強い人」ってどんな人?社会的に成功している人や個性的な人は「周りに流されない」=「孤独」に見えます。なぜなのか?それは、孤独を受け入れ「自分らしさ」の軸を持っているからです。孤独を感じやすいこの時代、強く生きるヒントをまとめました。...

3.人に流されないようになるメリット4つ

朝日を背に両手を広げる女性

人に流されやすい自分を改善した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

4つのメリットは、以下の通りです。

  • 言動に自信が持てるようになる
  • 承認欲求に縛られなくなる
  • 自分で判断するので納得感が得られる
  • チャレンジ精神が出る

人に流されなくなった自分を、頭に思い浮かべながらご覧ください。

3-1.言動に自信が持てるようになる

周囲に流されなくなると、自分の言動に自信が持てるようになります。

自分が大切に思え、信じられるようになっているから。

自分に自信が持てるようになると、以下のようになります。

  • 他人に優しくなる
  • 小さなことでくよくよしない
  • 自慢しない

自信が持てると余裕が生まれ、他人をいたわれます。

また嫌なことがあっても気にせず、気持の切り替えが可能。

そして相手からの評価を気にしないので、自分を良く見せる必要もありません。

3-2.承認欲求に縛られなくなる

人に流されなくなると、承認欲求に支配されません。

自分がどう生きるかが大切であり、他者からの評価はどうでもいいことだと気づくからです。

承認欲求とは、自分が集団の中で価値ある存在だと認めてほしい欲求のこと。

だれもが持つ欲求で、なかなか手放せません。

  • 他人から良く思われたい
  • 他人に嫌われたくない
  • 自分を認めてほしい

承認欲求が強くなると、他者の期待を満たすための人生になり、しんどくなるばかり。

承認欲求を手放すと、例えば以下のような考えになります。

「上司に反論した。あきかに間違っていると思ったから。今後上司からは扱いにくい奴だと敬遠されるにちがいない。でも自分に正直になりたいので、この選択は間違ってないし後悔もしていない。」

人に流されなくなると承認欲求を手放せるので、自分の気持ちに正直になり、ストレスを感じなくなるのです。

3-3.自分で判断するので納得感が得られる

人に流されないということは、判断軸が自分。

自分で決めるので、結果がどうであれ納得できます。

日常でわたしたちは論理的、合理的な判断をいつもできるわけではありません。

後から振り返って、「失敗だったな」「こうしとけば良かったな」と思うことも多々あるでしょう。

その時に自分で下した判断や決断に対して、納得できるかが大切なのです。

納得いくためには、自分が主体で決めること。

他人の考えに同意したとしても、「他人の考えに対して、自分で決めて同意した」と考えます。

自分が主体で決めると、失敗しても試行錯誤しながら改善させる前向きさが出てくるのです。

3-4.チャレンジ精神が出る

周りに流されなくなると、自分がやりたいことを実現させるために行動するようになります。

他人の意見よりも、自分の気持ちが大切だと考えているから。

以下のような人は、チャレンジ精神旺盛な傾向です。

  • 好奇心旺盛
  • ポジティブ
  • 自分に正直
  • 気持ちが若い

チャレンジ精神旺盛な人は、以下の行動特性を備えています。

  • 成功している人の話をよく聞く
  • 小さなことからチャレンジし、成功体験を積上げていく
  • 新しいことに触れる機会を多く持つ
  • 失敗してもめげずにすぐに立ち上がる

人に流されず自分をしっかりと持てば、チャレンジ精神が生まれ新たな未来を切り開いていけるでしょう。

夢中になる方法
夢中になる方法|1つの物事に夢中になるための「ロジック」とは?「夢中になれるものがなくて損をしている気がする…」そんな気分になることってありますよね。実は夢中になる方法にはロジックがあり、誰でも真似して再現することが可能なんです。ここではその具体的なやり方を紹介します。...
\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

まとめ|人に流されやすい性格を直すには決断力と行動力が大切

以上、人に流されやすい人について見てきました。

人に流されやすい性格は、改善策をたて行動すれば直すことが可能だとお分かりいただけたでしょうか?

ポイントをおさらいします。

人に流されやすい自分を直す7つの改善策
  • 自己肯定感を持つ
  • 最終判断は自分でする
  • 嫌われてもいいと思う
  • ひとりで行動してみる
  • 自分の意見を尊重する
  • 自分のことだけを考える

自分を変えるチャンスは今かもしれません。

思い切って行動してみてはいかがですか?

人に流されないようになれば自分に自信が持て、充実した毎日が過ごせるはずですよ。

ABOUT ME
ミヤモトリョウ
「読者ファースト」がモットーのライター兼現役セールスマネージャー。「自由な働き方」を目指して日夜奮闘中。
自分を理解すれば多くの悩みが解決します
以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \