仕事

「やる気が空回りしてしまう…」特徴と対処法は?頑張っているのに報われない理由

やる気が空回り

「やる気があって頑張っているのに…」
「いつも迷惑をかけてしまう」

このように感じる方はいらっしゃるでしょう。

そんな人に共通するのは「やる気の空回り」です。
 
 
本記事ではやる気が空回りする人の特徴や、空回りしないための方法についてご紹介します。

空回りをすることは決して悪いことではありませんが、自分自身が何よりも辛いですよね。

本記事を最後まで読んでいただければ、あなたの「やる気の空回り」が少しでも解消されるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

やる気が空回りしてしまう人の特徴は7つ

やる気が空回りしてしまう人の特徴

まずは、やる気が空回りしてしまう人の特徴について考えてみましょう。

やる気が空回りしてしまう人の特徴は主に7つあります。

ご自身の状況や行動に近いものがあるかを考えながら読んでみてください。

張り切り過ぎてしまう

やる気があって張り切り過ぎてしまう人は空回りしてしまいがちです。

頑張るのは本来いいことのはずですが、「張り切り過ぎ」には注意したいもの。

徹夜や食事をろくに取らないこと、寝不足などはもっての他です。

このタイプの人は「張り切り」が原因で作業効率が悪くなってしまい、空回りしてしまう傾向にあります。

トラブルが生じると焦ってしまう

多少トラブルが生じてしまっただけで焦ってしまい、仕事をプレッシャーに感じてしまうこともあります。

他の人から見たら少しのミスでそこまで重大な問題でない場合や、そこまで納期が迫っていない「急ぐ必要のない仕事」だとしても焦ってしまう人はやる気が空回りしてしまう可能性が高いです。

また、少しのミスをしてしまっただけで「挽回する必要がある」と余計に自分を焦らせてしまい、悪循環に陥ってしまうこともあります。

多少のミスは落ち着いて作業すれば問題ないことが多いです。

まずは心に余裕を持って焦らないことからスタートしましょう。

先のことを考えられない
先のことを考えられない状態を改善する10の方法&先のことを考えるべき明確な理由とは?「もっと先のことを考えなさい!とよく言われるけれど、本当に先のことは考えられないといけないの?」と感じているあなた。先のこと考えられないと人生損している可能性が非常に高いですよ。本記事では先のことを考える方法と考えられない人の特徴や病気についてお話しします。...

他人の目を気にし過ぎてしまう

「頑張っている」という評価をもらいたいあまり頑張り過ぎてしまう人は空回りしてしまう可能性が高いです。

一つ一つに注力すれば問題ないのですが、いつの日か「作業量」を増やして評価してもらおうとして、呆れられてしまうこともあるのです。

結果としてやる気が空回りしてしまうことも少なくありません。

「相手からよく思われたい」と思うこと自体は 自然なことですが、質が伴わないのに量をこなすようになると空回りの原因になってしまいます。

ビクビクしない方法
『人にビクビクしない方法』を徹底解説!3つの解決方法!人から何か言われることやふとした態度にビクビクしてしまい自信を失っていませんか?そんなアナタの心を楽にする3つの解決方法をご紹介します。 1.ビクビクの原因を書き出す-3つのポイント- 2.ビクビクしそうな時は深呼吸 3.ビクビクすることを受け入れるの3点です。今日からでもすぐ取り入れることが出来ます。...

プライドが高く自分のやり方に固執してしまう

自分の仕事にこだわりを持ち過ぎてプライドが高い場合には空回りしてしまうことがあります。

特に「自分のやり方に絶対的な自信を持っている」というタイプの人は、「何が正しいのか」を考えずにずっと同じやり方に固執してしまう傾向があります。

たとえば、「デスクの掃除は必ず午後2時にやる」というような変なルールを決めてしまうと、本来やるべき仕事2時間を割けず、浪費してしまうことにもつながります。

多少のこだわりはプロ意識として重要ですが、過度なこだわりを持っている場合には空回りの原因になることもあるので、注意しましょう。

落ち着いてやれば、みんなあなたの仕事を評価してくれるはずですよ。

情報だけ集めて行動できない

知識や情報を蓄えることは非常に重要なことです。

ただし、どれだけ知識があっても実際の行動に移せなければ全く意味がありませんよね。

何か目的があって知識を蓄えているはずなのに、「目的が手段に変わってしまっていた」ということも少なからずあるでしょう。

情報を集めて安心しきってしまうと、「あの人はやる気があるけど何もできない」と周りから見られてしまいます。

情報と同時に行動もしっかりと行うようにしましょう。

情報に行動が伴ってくると、みるみる成長することができ、あなたの評価はグンと上がるはずですよ。

頭でわかっていても行動できない心理とは?【あなたの心は動かせる】
頭でわかっていても行動できない心理とは?【あなたの心は動かせる】頭でわかっていても行動できない…と悩んではいませんか?実は、それには多くの原因があります。この記事では、頭でわかっていても行動できない原因と、どうしたら行動できる人になれるのかを解説しています!1回きりじゃなくずっと行動できる人になれるヒントが満載です!...

仕事に時間をかけ過ぎてしまう

丁寧に仕事をしているのはすごくいいことなのですが、丁寧すぎると時間がいくらあっても足りません。

結局、何もできずに終わってしまって「やる気が空回り」する現象に陥ってしまいます。

たとえば、「パソコンでやればいい作業を手書きで丁寧に書いて、通常の5倍くらいの時間がかかってしまう。」のようなはっきりいって意味のないことをしてしまい「人よりも遅い」となってしまうこともあります。

時間を削減できるものに関しては作業を効率化するのが大切です。

今までのやり方を少し変えるだけであなたの仕事のスピードは大幅にUPするはず。

仕事のやり方を今一度見つめ直してみてください。

自分の行動を決められない

自分で判断することが苦手な人はいつまで経っても行動できず、作業が進みません。

また、作業を終える前に作業の途中で所々自己分析を行なって「ダメだ」というふうに考えてしまうのです。

結果的に人よりも作業が遅くなり、「やる気が空回りしている」と自他共に感じてしまうのです。

場合によっては「指示待ち人間」になり「やる気があるけど何もできない人」というレッテルを貼られてしまうこともあります。

このような人は自分で行動を決められるようになると、他の人よりも能力が高くなることもあるので、自分の行動をしっかり決められるようになりましょう。

自分の人生は自分で決める
自分の人生は自分で決める決断力を磨く5つの方法|人生を切り開く決断のコツとは?「自分の人生は自分で決める」と思っても、いざとなると迷いや不安が湧いてきませんか?この記事では、自分の人生を歩むメリットや、後悔しない判断をするためのコツを書籍をもとにまとめます。自分らしく充実した人生の一歩を一緒に踏み出しましょう。...
何もかも中途半端-アイキャッチ
何もかも中途半端な自分とはサヨナラ!中途半端を克服する5つの方法「何もかも中途半端にする性格は、どうしたら克服できる?」何もかも中途半端にするのは「やる気」と「器用貧乏」に原因があるからです。やる気よりも負担感が勝ると物事を継続できません。向上心もないため物事を中途半端なままにします。中途半端の克服方法をまとめました。...

やる気が空回りしてしまう時の対処法6つ

やる気が空回りしてしまう時の対処法

上記で紹介したような「やる気が空回りする現象」を感じる方は多いのではないでしょうか。

「やる気の空回り」はそのまま放っておいても克服することは難しいです。

そのため、なんらかの対処策を講じてみる必要があるでしょう。
 
 
ここではやる気が空回りする現象の対処法について6つの項目でお伝えしていきます。

以下で紹介する対処法を実施することで、あなたの仕事パフォーマンスを上げる良いきっかけになるかもしれません。

客観的に自分を見る

自分の状況を客観的に見ることは非常に重要です。

やる気が空回りしてしまう人の共通点として「自分しか見えていない」ということがあります。

自分を客観視して「人から何を求められているか」「どんな自分が見えているか」を想像してみると自分がどれほどがんばり過ぎているかということや、頑張るポイントが違うということに気づくかもしれません。

最初は自分を第三者目線で俯瞰して見ることは難しいかもしれません。

しかし、客観的にみる癖がつけばすごく簡単です。

たとえば、自分が机に向かっている状況を真横から見たらどのように映るでしょうか。

  • 必死にやり過ぎていて大変そう
  • なんで自分一人で抱え込んでいるんだろう。誰かに助けを求めればいいのに
  • なんのためにそんな焦っているの?もっとゆっくりやっていいんだよ

このように考えることもできるかもしれません。

やる気が空回りしていると感じたら、一呼吸ついて自分の状況を俯瞰してみることはおすすめです。

自分を俯瞰する方法|俯瞰できない人でも客観視できるようになる4つのステップとは?「自分の思い通りにうまくいかない」「人間関係で悩む」という悩みは、自分を俯瞰する方法を知ることで解決できます。この記事では、俯瞰できない人でも客観視できるようになる方法を具体的にお伝えします。...

何をやるべきか・しないかを決める

やる気が空回りしてしまう人は「やるべきこと」「そうでないこと」の優先順位が明確になっていないことが多いです。

仕事の優先順位をしっかりと理解して仕事を行うようにしましょう。

そうすることで自分の負担が軽減されたり、「そんなに焦らなくてもいいんだ」と落ち着けるかもしれません。
 
 
具体的には優先順位をメモに記載し、優先順位順に仕事を片付けていくという方法が良いでしょう。

また、仕事の期日順にメモして作業していくという方法もありですね。

しっかりと全ての仕事を把握して順位付けをすると、時間的にも精神的にも余裕が生まれるのではないでしょうか。

落ち着いて物事に取り組む

やる気が空回りしている時は、精神的に落ち着いていない、いわば「地に足がついていない」状態になりがちです。

また、落ち着かないという気持ちは自分だけでなく他の人にも伝わります。

「あの人はやる気が空回りしている」と感じ取られるのは嫌なはずですから、できる限り落ち着くことを意識しましょう。
 
 
具体的な落ち着きを取り戻す方法としては「深呼吸をする」というのが最も効果的な方法です。

意外にも深呼吸を行うだけで自律神経を整えることができます。

軽いヨガを行ったような効果が期待できるので、非常におすすめです。
 
 
また、ハーブティーを飲むというのもおすすめの方法です。

お好みのハーブティーを見つけることができればいつでもどこでも落ち着きを取り戻すことができます。

「やる気が空回りしている」と感じる時や「なんだか焦ってきている」と感じる場合には落ち着きを取り戻す行動をしましょう。

自分の限界を知っておく

やる気が空回りする人は自分の限界を知らない人が多いです。

限界を知らないから、どこまでも本気になってしまい、空回りの原因になってしまうのです。
 
 
特に、「他の人はこのくらいできているのに、自分はできていないから…」と感じてしまうのは非常に危ない考え方。

他の人ができるからといって自分にもできるとは限りません。

たまたま他の人が少し得意で、自分が苦手なだけかもしれませんよね。
 
 
自分には得意だけど、相手にとっては苦手なこともあるはずなので、あまり気にすることではありません。

自分の限界を突破して作業を続けてもどんどん悪循環に足を踏み込んでしまうだけです。

キャパシティを増やしたいとしても少しずつ時間をかけて増やしていきましょう。

「自分には難しい」と多少の諦めを持って仕事をすることもやる気の空回りをなくす一つの方法です。

自分に自信がないから人と比べる
自分に自信がないから人と比べる癖が抜けない|今すぐ劣等感を手放す方法自分に自信がなく、人と比べてしまうことってありませんか?劣等感を抱えてしまうと、ストレスになってキツいですよね。そんな状態から抜け出すために、人と比べる癖から卒業して劣等感を手放す方法をまとめました。...

空回りしてしまうことを分析する

「なぜやる気が空回りしてしまったんだろう?まあいいや。」と考えていると、また同じような空回りを引き起こしてしまいます。

「同じような空回りを何度も経験した」という方はどうして自分が空回りしてしまったのか分析できていない可能性が高いです。
 
 
学校のテストでもそうですよね。

自分ができなかった問題を直さないと、次に同じ問題が出てきたときに解けない。

このような現象と似ています。

「やる気が空回りしてしまうこと」はテストと同じように考えれば良いのです。

しっかりと自分の頭の中で言語化して、「何がまずかったのか」「どうすれば空回りしなくなるか」を考える必要があります。

「空回りしないために素早くできることを知りたい」という気持ちもわかりますが、基本に立ち返って、原因を突き止めるのも重要なことです。

重要でないことを意識する

やる気が空回りしてしまう人は業務の全てに対して全力で取り組んでしまっている傾向があります。

他の人から見れば「なんであの人はこんなに頑張っているのだろう」と不思議がられることもあります。

もし、心当たりがあるのなら、少しずつ改善していくことをおすすめします。

大丈夫、あなたは頑張っているのですから、ちょっとずつ成長していけば全ての業務を適当に行っている人よりも成長できる確率はぐんと高いのですから。
 
 
もちろん全力で取り組むのは良いことなのです。

ただ、最終的に自分の健康を犠牲にしてまで全力で取り組んでも、後からついてくるのは「あの人はできない人」というレッテルだけ。

重要でないことに対して完全無気力状態で取り組むのも良くないことですが、重要度が低いものに関しては適度に肩の力を抜いて業務を取り組むようにしましょう。

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

まとめ:空回りするのはやる気がある証拠でもある

本記事では「やる気が空回りしてしまう人」の特徴と対処法について紹介してきました。

実際のところ「空回りしている」と感じている人は自分に当てはまる部分が多かったのではないでしょうか。

あなたは「空回りしてしまっている」とここで気づくことができたのですから、改善策はいくらでもあります。

「自分の状態がわかる」ことは重要だと本文でもお伝えしてきましたよね。

自分に合った対処法で「やる気の空回り」を克服しましょう。
 
 
本記事の内容では「空回りしてしまう人」に対して多少ネガティブな表現をしてしまった部分もありますが、やる気が空回りしてしまう人は皆さんすごく頑張り屋さんなのです。

どんな業務に対してもプロ意識を持ってやっているので、本来は尊敬すべきなのかもしれません。

しかし、自分の身体を壊してしまっては本末転倒です。

ご自身のお身体が一番大事なので、適度に力を抜いて日々の業務を行ってみてはいかがでしょうか。

本記事でご紹介した対処法をいくつか実践してみて、自分にぴったりの対処法があればそれを継続的に行い、「やる気の空回り」を克服していきましょう。

本当にしたいことができない? 理由と対処法を解説!
本当にしたいことができない!?その理由とすぐにできる対処法を解説「本当にしたいことができない…」「やりたいことはあるけど周りに言えない。」そんな悩みを持っていませんか?理由を知り、適切な行動を取っていけば本当にやりたいことはできるようになりますよ。この記事では、本当にやりたいことができない理由とその対処法を解説しています。...
朝勉強したいけど起きれない社会人へ
朝勉強したいのに起きれない!?社会人向けの早起きのコツ12選「早起きして朝勉強したいのに、起きれない」と悩む社会人に向けて、早起きのコツを12個まとめました。早起きのためには、十分な睡眠時間と早起きのコツと押さえることが重要。朝勉強に取り組んでスキルアップや収入アップに繋げていきましょう。...
自分を理解すれば多くの悩みが解決します

以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \