心理学

内向型の長所とは?強みを生かす方法もあわせて解説!

内向型の長所とは? 強みを生かす方法も解説!

「内向型の自分に長所なんてあるのかな…」

そう思っていませんか?

あるアンケートでは、約60%の人が自分のことを「内向型・やや内向型」と答えています。

内向型 アンケート

出典:[クワイエットレボリューション]スペシャルページ

また、直したい性格ランキングで上位にランクインしているのが口ベタや人見知りです。これは、内向型の性格が影響しているものと考えられます。

直したい性格ランキング

出典:直したい性格ランキング 1位は「口ベタ、不器用」で37%

では、内向型には長所がないのでしょうか?

そんなことはありません。

内向型にも長所はあります。

メンタリストのDaiGoさんも言っているように、特徴を理解することで、内向型の長所を生かすことも可能です。

マイナスイメージを持たれがちな内向的人間は、実は多くの長所を持っています。そして、その優れた性質をうまく活用することで、自分を成長させることができ、強いメンタルを手に入れることもできるのです。
引用元:DaiGo(2018)『ストレスを操るメンタル強化術』KADOKAWA

この記事では、内向型の特徴や長所、それをどう生かせるかを解説しています。

内向型の長所を知れば、今まで以上に自分に自信が持てるようになりますよ!

スポンサーリンク

内向型の定義

考える女性
あなたは、本当に内向型ですか?

まずは、内向型とはどんな人のことを言うのかを知りましょう。

内向型というのは、スイスの心理学者ユングが、約100年前に人の性格を「内向型」と「外向型」に分類したことから始まりました。

内向型は、興味を示す対象が自分自身の思考や感情です。

これに対して外向型の人は、興味を示す対象が他人など自分の外側にあります。

例えば、内向型の幸せは自分が満足しているか、外向型の幸せは相手が満足しているかで決まるという感じですかね。

これが大きな違いです。

また、心理療法士のマーティ・O・レイニーの著書でも、以下のように言われています。

外向型の人が、さまざまな刺激のなかで活気づくのに対し、内向型の人は多すぎる刺激をもてあます。(中略)内向型には、物事をじっくり考え、自分を充電するための静かな場所が必要なのだ。
引用元:マーティ・オルセン・レイニー/務台夏子(2013)『内向型を強みにする』パンローリング

そのため、以下のような違いがみられます。

内向型
外向型
幸せな時間の過ごし方
家で一人になって過ごす
外で大勢集まって遊ぶ
ストレスを受けたとき
一人の時間を作ってリフレッシュ
大勢で集まって雑談

「意外に自分は内向型だったかもしれない」という人もいるのではないでしょうか?

内向型の定義をしっかり把握して、自分と向き合っていきましょう。

内向型の長所7つ

若い女性
内向型には長所がたくさんありますが、その中でも7つピックアップして紹介していきます。

自分に当てはまるかを考えながら、読んでみてください。

集中力が高い

内向型には、集中力の高い人が多いです。

過去に活躍した研究者は、内向型の人が多かったという話もあります。

内向型は興味の対象が自分なので、自分のやりたいことは集中してとことんやる性格です。

ライターのスーザン・ケインさんは、著書で内向型について以下のように書いています。

内向型はゆっくりと慎重に行動することが多い。一度にひとつの作業に集中するのを好み、素晴らしい集中力を発揮できる。
引用元:スーザン・ケイン(著), 古草 秀子 (翻訳) (2015)『内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える』講談社+α文庫

自分の興味のあることには、とことん集中できるのが良いところですね。

慎重に物事を進められる

上記でスーザン・ケインさんも言っている通り、内向型にはゆっくり慎重に行動する人が多いです。

そのため、ミスが少なく、安定した成果を発揮できます。

行動力があることも大事ですが、失敗ばかりでは意味がありません。

慎重な部分は、内向型の長所と言えるでしょう。

特定分野に詳しくなれる

内向型は集中力があるので、興味を持ったものをとことん調べます。

そのため、特定の分野に詳しくなりやすいです。

働き方に関しては、周りにも気を使わなければいけない組織の中より、専門性を持って働ける組織の外の方が向いています。

自分の得意を生かした働き方ができると、才能を存分に発揮できますよ!

自制心が強い

内向型の人は、言いたいことがあってもグッと我慢することが多いので、自制心が強いことが多いです。

感情的にならず、冷静に物事を見れるというのは大事ですよね。

「自制心が強い」というのは、感情を出さないように我慢しているのではなく、感情をコントロールしているということです。

アンガーマネジメントという言葉もあるように、感情をコントロールできるのは、長所と言えそうですね。

発想力がある

内向型の人は口数が少ない分、頭の中でおしゃべりしたり イメージしたりします。

この脳の活動を「デフォルト・モード・ネットワーク」といい、アイデアやひらめきの源泉になる考えです。

デフォルト・モード・ネットワークに関しての論文で、以下のようなものがあります。

デフォルト・モード・ネットワークは , 外的に注意を向ける課題では活動が低下するのに対し,内的な処理を行っているときに活動増加を示す神経ネットワークである。
引用元:瞬きにより明らかになったデフォルト・モード・ネットワークの新たな役割

つまり、他人と協力して活動するよりも、自分の頭の中でじっくり考えた方が脳が働くということです。

新たなアイデアを考え出すようなものが向いていそうですね。

良好な人間関係を築ける

内向型の人は、穏やかな性格や観察力、聞き上手などの要素があるため、良好な人間関係を築きやすいです。

話を聞いてくれたり、細かい変化に気づいてくれたらうれしいですよね?

内向型は決して友達が多くなくても、狭く深く良好な人間関係を築けるタイプです。

一人の時間を楽しめる

内向型は興味の対象が自分なので、一人の時間を楽しむことが可能です。

そうすると、一人の時間がリフレッシュになるので、誰かに依存することなく生きていけます。

逆に外向型の人は興味が他人にあるので、他の人の影響を受けやすいです。

一人の時間を楽しめることが自制心にもつながってくるので、大きなメリットになります。

内向型の長所を生かす方法を4ステップで紹介

階段を上る棒人間
内向型の長所を把握したところで、次はそれを生かす方法を紹介します。

4ステップに分けて紹介するので、一つずつ順番にこなしていけば、内向型の長所を最大限に生かせますよ!

好きなことを見つける

まずは、自分の好きなことを見つけてみましょう。

「好きなことなんかないよ」という人も、周りの人より少しでも興味のあることを考えてみてください。

例えばゲームや映画など、何でもOKです。

好きなことの方が長所を生かしやすいので、ここは妥協せずに探していきましょう。

好きなことについて調べてみる

好きなことが見つかったら、そのことについて調べてみましょう。

ゲームであれば攻略方法やシステムを調べたり、映画であれば歴史や他の人の感想を調べたりするなどです。

好きなことなので、それについて調べたり知っていくのは苦痛ではないと思います。

内向型の長所でもあった通り、集中して調べ、特定分野に詳しくなっていくでしょう。

行動を起こしてみる

好きなことについて調べて興味を深めたら、行動を起こしてみましょう。

ゲームなら攻略サイトやYouTubeに投稿してみたり、映画なら感想・考察をブログやYouTubeに投稿してみたりすることです。

慎重に物事を進められるので、みんなにとって有益な情報をしっかり考えて発信できるでしょうし、投稿している一人の時間も楽しめます。

新しいことにチャレンジしてみる

一つ行動を起こせたら、新しいことにチャレンジしてみましょう。

攻略サイトのライターに応募してみたり、映画のエキストラに応募してみたりといった感じですかね。

発想力のある内向型人間は、新しいことに挑戦するのに向いています。

このサイクルを繰り返せば、内向型の長所を生かしていけますよ!

まとめ:内向型の長所に誇りを持とう

内向型の人にも長所はあります。

内向型の特徴を理解し、行動していくことで、長所を最大限に生かすことが可能です。

内向型のあなたにしかできないことがあるので、自分の長所に誇りを持ってチャレンジしていきましょう!

ABOUT ME
シライシタイヘイ
生まれも育ちも宮城県の塾講師。2021年3月~ライターとして活動中。趣味は料理とゲーム。
諸悪の根源は「自己理解不足」だと気づいていますか?

以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \