ライフハック

将来やりたいことがない高校生の大学の選び方5選|肝心なのは入学後

将来やりたいことがない高校生の大学の選び方5選

「やりたいことは特にないけど、大学には行っておきたいな~」と、考えている高校生はたくさんいると思います。

しかし、「やりたいことがないから、大学はどうやって選べばいいか分からない!」と、迷子になる高校生も多いようです。

今回はこの記事で、「将来の夢がない人や、やりたいことがない高校生の大学の選び方5選」をご紹介します。

「将来の夢や、やりたいことがないのに大学に行ってもいいのかな?」と、思っている高校生もいると思いますが、ここで「武田塾」が行った「大学に行く理由ランキング」を見て見ましょう。

大学に行く理由ランキング

第1位 就職のため 50.0%
第2位 学歴の取得 47.4%
第3位 学びたい学問や資格のため 40.5%
第4位 やりたいことを見つけるため 33.6%
第5位 教養・人間性を身につけるため 27.6%
第6位 みんなが行くから 19.0%
第7位 なんとなく 9.5%

引用元:武田塾 みんなが大学に行く理由ランキング! 君にも当てはまるかな?

第4位に「やりたいことを見つけるため」と入っていますよね。

今現在やりたいことがなくとも、大学に行ってやりたいことを見つける高校生もいます。

第1位の「就職のため」も、「やりたい職業が明確になっていて、大学卒業の証が欲しい」という状況と、「やりたいことはないけど、大学を卒業しておけば就職に有利だから」という人もいますよね?

この結果から「将来の夢や、やりたいことがなくても大学に行く人は多数いる」という事が分かります。

将来の夢や、やりたいことがないまま大学に行くことは悪いことではありません。

大学への進学に興味はあるけど、将来の夢ややりたいことがない高校生はぜひ、この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

将来の夢ややりたいことがない高校生は意外と多い

学生の後ろ姿将来の夢ややりたいことがない高校生の大学の選び方を紹介する前に、「将来の夢やなりたい職業がある学生」はどのくらいいるのか、気になりませんか?

実は、「将来の夢やなりたい職業がない」という高校生は意外と多いんです。

高校3年生の約半分が「将来の夢やなりたい職業がない」と答えているアンケート結果があります。

それは予備校で有名な「東進」が行った、「将来の夢やなりたい職業はありますか? 」というアンケートです。

東進ハイスクール・東進衛星予備校-NEWS-RELEASE引用:東進ハイスクール・東進衛星予備校 NEWS RELEASE

アンケート結果は、高校3年生の約半分が将来の夢やなりたい職業がないとう結果でした。

中1~高3全体を見ても、しっかりとした目標を持っている人は多いわけではないんです。

あなたの周りには、将来の目標に向かって勉強を始めている人でいっぱいかもしれません。

しかし、視野を広げてみればあなたと同じように、将来に対する目標がない人もたくさんいます。

将来の夢やなりたい職業がないからといって、落ち込んだり焦る必要はありません。

生きる目標がほしいあなたへ! 見つけ方と目標を立てるメリット
生きる目標がほしいあなたへ!見つけ方と目標を立てるメリットを紹介「生きる目標がほしい」そう思うのはとても良いことです。生きる目標が見出せると、人生がもっと楽しくなります。この記事では、人生の目標の見つけ方と目標を立てるメリットを詳しく解説しています。...
生き辛い「自分がない」を克服!他人軸から自分軸で生きる方法
自分がない辛い悩みを克服!他人軸ではなく自分軸で生きる方法「周りに流されてばかりで自分がない」自分がなくて辛いと感じる人は他人を優先にして生きてしまっています。まずは現状を受け入れて自分の軸を持つことが大切です。自分軸を持つための方法を筆者の体験談も含めてまとめました。...

将来の夢がない人ややりたいことがない高校生の大学の選び方5選

外国の大学将来の夢がない人ややりたいことがない人には、以下の5つの方法で大学や学部を選ぶことを提案します。

  1. 希望する条件を整理してみる
  2. 希望しない条件を整理してみる
  3. 学部は自分の好きなことや興味のあるもので決める
  4. 診断ツールを利用してみる
  5. オープンキャンパスに参加してみる

「大学に行けばやりたいことが見つかるかもしれない」

「大学を卒業していると給料が高くなるから」

将来の夢ややりたいことがなくとも、これらのような理由で大学への進学を希望する学生はいます。

しかし、明確な目標がないのでいざ大学を選ぼうとすると、「どういう基準で大学をえらべばいいの?」と、疑問が出てきますよね?

そんな時は、これから紹介する5つの方法で、大学や学部を選んでみてください。

希望する条件を整理してみる

1つ目は、「希望する条件を整理してみる」です。

日本には約780もの大学が存在します。東京だけでも約140校ほど存在します。

その中から大学を選んでいてもキリがないので、自分の希望する条件を書き出してみましょう。

希望する条件の例は、以下の通りです。

  • 偏差値
  • 就職状況
  • 通学時間
  • 通学エリア

希望する条件を書き出して、自分の身の丈に合った大学を絞り出してみましょう。

希望しない条件を整理してみる

2つ目は、「希望しない条件を整理してみる」です。

上記の、「希望する条件を整理してみる」とは逆に、「希望しないこと」を書き出してみましょう。

希望したくない条件も一緒に書き出すことで、より自分が希望する条件が明確になることもあるので、試してみてください。

希望しない条件の例は、以下の通りです。

  • 家から遠いところは嫌だ
  • 就職状況の悪い大学は嫌だ
  • 難しい授業は嫌だ

希望しない条件を書き出して、最悪の事態を避けられるようにしておきましょう。

学部は自分の好きなことや興味のあるもので決める

3つ目は、「学部は自分の好きなことや興味のあるもので決める」です。

大学では専門的なことを学ぶことになるので、興味・関心のある学部でないと、4年間に渡る長い授業についていけなくなり、挫折します。

例えば以下のような事柄で選んでみるとよいでしょう。

  • 好きな教科
  • 得意な教科
  • 小さいころから好きだったこと
  • 継続していること

「文系だったのに理系へ転身」など、大胆に方向性を変えると4年間に渡る講義が辛くなりますので、学部は自分の好きなことや、興味のあるもので決めた方が無難です。

本当の自分を見つける方法7選!
本当の自分を見つける方法7選!自由になるためにあなたが考えること「本当の自分を見つける方法を知りたい。」現状がうまくいかず、これからどうすれば良いのかと悩んでいる人へ。結論は自由になるための考えや行動を起こすことが、自分を見つける方法です。この記事では具体的な7つの方法を解説します。 ...
自分を俯瞰する方法|俯瞰できない人でも客観視できるようになる4つのステップとは?「自分の思い通りにうまくいかない」「人間関係で悩む」という悩みは、自分を俯瞰する方法を知ることで解決できます。この記事では、俯瞰できない人でも客観視できるようになる方法を具体的にお伝えします。...

診断ツールを利用してみる

4つ目は、「診断ツールを利用してみる」です。

学部や学問が沢山ありすぎて、「結局、何学部に行けばいいの?」と迷子になる学生も多いのでは?

そんな時は「適学診断ツール」を利用してみましょう。

自分にとっての適切な学部や学問を、質問に答えていくだけで簡単に診断してもらえます。

インターネットで検索すれば、この手の診断ツールはたくさん出てきますが、その中でも、「スタディサプリ 進路」の「適学・適職診断ツール」がおすすめです。

会員登録なしで、回答をチェックシートにチェックするだけで診断できます。

スタディサプリ進路-チェックシート
引用:スタディサプリ 進路 適学診断

学部だけでなく自分に適した職種を診断してくれる「適職診断ツール」もあります。

診断結果に出てきた職種から逆算して、どんなことを学べばいいのかを判断することも可能です。

自分がどんなことに向いているのか、どんなことに興味があるのか、自分でも気づかなった自分の魅力に気づくきっかけにもなりますので、診断ツールの利用も検討してみてください。

ビッグファイブ診断テスト22選! ジャンル別に紹介
ビッグファイブ診断テスト22選!手軽なショートビックファイブテストからユニークなものまで!「ビッグファイブの診断テストがしたい!」そんなあなたに向けて、ビッグファイブの診断ができるテストを22個紹介します。手軽にできるショートビックファイブテストからユニークなものまであるので、楽しくできますよ。...

オープンキャンパスに参加してみる

5つ目は、「オープンキャンパスに参加してみる」です。

部屋の中に閉じこもって考えていても結論が出ない場合は、ぜひ大学のオープンキャンパスに参加してみてください。

ホームページやパンフレットだけでは感じることのできない、大学の雰囲気を感じることができ、入学後のビジョンが鮮明になるでしょう。

オープンキャンパスとは、受験生やそのご家族に大学のことをより深く知ってもらうために開く学校説明会のようなものです。

マナビジョン-オープンキャンパス
引用:マナビジョン オープンキャンパスを調べる

大学の説明会に立ち会い、大学についての知識を深めたり、大学の生徒や教授の雰囲気を肌で感じることで、自分のやりたいことや興味のあることが鮮明になってきます。

複数の大学のオープンキャンパスに参加して、大学ごとの特徴や雰囲気を照らし合わせてみましょう!

大学を決めるときに陥ってしまう「イケない思考回路」

悩む男性大学を決めるときに陥ってしまうイケない思考回路が3つあります。

  1. 人の意見を鵜呑みにする
  2. 進路を選択することに恐れている
  3. 将来の夢が見つかる「キッカケ」を待っている

これらの思考回路に陥いると、進路先の大学を決めるのに時間がかかったり、大学入学後に苦労することがあります。

大学選びに苦労している人はこの3つの思考回路に陥っていないか確認してみましょう。

人の意見を鵜吞みにする

1つ目は、「人の意見を鵜呑みにする」です。

「親に言われたから」

「みんながそうするから」

このように人の意見を鵜呑みにし進路を適当に決めると、入学後に苦しい想いをします。

勧められた大学や学部があなたにとって興味関心のないものだとしたら、その分野をずっと勉強する羽目になるからです。

学部は自分の好きなことや興味のあるもので決める】でも記述した通り、自分の興味・関心のある分野を選択しないと、モチベーションがあがらずに欠席が増え、単位を落としたり、休学や退学に繋がる原因にもなります。

これから先の人生、自分で選択してく機会が増えます。その第一歩だと思い、自分で考え、少しでも興味関心のある大学へ入り努力することが大切です。

進路を選択することに恐れている

2つ目は、「進路を選択することに恐れている」です。

「この大学で本当にいいのかな?」

「この大学でうまくやっていけるのかな?」

やっとの思いで大学が決まっても、このような不安が頭によぎることもあります。

人生を左右する選択ですので慎重になってしまいますが、大切なのは「入学してからどう過ごすか」です。

自分にピッタリな大学を見つけて入学しても、大学生活の中で挫折することだってあります。

それは、入学後の「成功のハードル」を高く描きすぎてしまうからです。

将来の夢ややりたいことがない人が大学を決めるときは、入学した後にどのように頑張っていくかを考えるようにしましょう。

頭でわかっていても行動できない心理とは?【あなたの心は動かせる】
頭でわかっていても行動できない心理とは?【あなたの心は動かせる】頭でわかっていても行動できない…と悩んではいませんか?実は、それには多くの原因があります。この記事では、頭でわかっていても行動できない原因と、どうしたら行動できる人になれるのかを解説しています!1回きりじゃなくずっと行動できる人になれるヒントが満載です!...

将来の夢が見つかる「キッカケ」を待っている

3つ目は、「将来の夢が見つかる「キッカケ」を待っている」です。

普通に生活をしていくうえで、将来の夢ややりたいことが見つかる「キッカケ」が突然に訪れる人は、そんなに多くはありません。

「大学に入学したら、やりたいことが見つかるだろう」

大体の人がそう思っていることでしょう。

しかし、大学の講義を言われた通りにこなしているだけの「受け身」だけの生活では、将来の夢ややりたいことが見つかる「キッカケ」を探し出すことはできません。

大学の授業やサークル、アルバイトなどの活動を通して、やりたいことを探し出せる「キッカケ」をたくさん作っておきましょう。

次のグラフはタウンワークが行ったアンケート結果で、「大学生のうちにやっておくべきこと」のランキングとなっています。

これらの回答も参考にしてみてください。

引用:タウンワーク 大学生のうちにやっておくべきことランキング

これらの経験や体験を通じて、

  • やりがいを感じたこと
  • 貢献できたこと
  • 自信が付いたこと

などが明確になっていき、将来の夢ややりたいことへ繋がっていくのです。

入学後は、「キッカケ」を待っているだけの受け身的な行動ではなく、積極的に行動しましょう。

そして定期的に将来設計や、自己分析を行う時間を設けることをおすすめします。

打ち込めるものが欲しい人必見!新しい&好きなことの見つけ方20選
打ち込めるものが欲しい人必見!新しいこと・好きなことの見つけ方20選打ち込めるものが欲しいけど、何をやってもうまくいかないし、三日坊主で飽きてしまう。そんな方は、まだ打ち込めるものを見つける状態になっていないかも。この記事では打ち込めるものが欲しい気持ちを解消して、とっておきのやりたいことを探す方法を20個紹介しています!...

将来の夢・やりたいことがない場合の志望動機の書き方

ノートと鉛筆大学を決めて志望理由書を書く時に、こんな疑問を抱くと思います。

「将来の夢がないから、志望理由書になんて書けばいいか分からない!」

「将来の夢ややりたいことがないことを、素直に書いても平気なのかな?」

できることなら、最初から印象の悪いイメージはつけたくないですよね。

結論から言うと、将来の夢や将来像は無理に志望理由書に書かなくても大丈夫です。

大学側も、「学びながら将来像を考えてほしい」と考えている場合もありますし、大学に来るすべての人が将来に対する目標があるとは思っていません。

噓を書いても見破られる可能性があるので、自分を偽ることだけはしないようにしましょう。

志望理由書に将来の夢を問われるような項目があるのならば、正直な今の気持ちを書くようにします。

例えば、以下の通りです。

「将来の夢はない(定かではない)が、大学で学び、様々な体験を交えながら決めたい」

他にも、これらのようなことを書いてみるのも手です。

  • 選んだ分野のどういったところに魅力を感じるか
  • 選んだ分野に対するやりたいことへの熱意

志望理由書に、将来の夢や将来像を嘘をついてまで書くと印象が悪いので、正直な今の気持ちを打ち明けたうえで、入学後どのような活動をしていきたいかを明確に記載するようにしましょう。

最も大切なのは【大学に入学してから】

図書館で本を読む男性「大学に入学したからそのうちやりたいことも見つかるさ!」という意識で学生生活を送っていると、将来の夢ややりたいことは見つかりません。

大学入学後に、将来の夢ややりたいことを見つけるうえで本当に大切なことは、

「どのような学生生活を送るか?」

です。

将来の夢が見つかる「キッカケ」を待っている】でも記述した通り、将来の夢ややりたいことは突然訪れては来ません。

サークル・アルバイト・ボランティアなど、幅広く積極的に活動をし、コミュニティや視野を広げることが大切です。

大学に入学できたからと安心せずに、将来の夢ややりたいことの「キッカケ」をつかめるように、積極的に活動していきましょう。

大切なのは大学に入学してからです。

就職活動では、学生時代にどのような活動をしたかもポイントになります。

頑張ったことが多ければ、就職活動時にアピールできるネタになるでしょう。

まとめ

将来の夢ややりたいことがないと、どうやって大学を選べばいいか分からなくなりますよね。

そんな時はこの記事でご紹介した、「5つの方法」を試してみてください。

  1. 希望する条件を整理してみる
  2. 希望しない条件を整理してみる
  3. 学部は自分の好きなことや興味のあるもので決める
  4. 診断ツールを利用してみる
  5. オープンキャンパスに参加してみる

自分が過ごしやすいような大学を選ぶこともすごく大切なことですが、最も重要なのは、「入学してから、どのように過ごすか」です。

与えられた場所、環境でどのように努力し活動してきたかが、今後の人生で役に立ちます。

最適な大学を選ぶことは通過点でしかありません。

その後の頑張り次第で、あなたの将来が決まっていくのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
豊 ユウキ
「見やすく、分かりやすく」と「校正は必ず感情を込めて音読」を心がけながら、日々執筆している、都内在住のフリーライター。韓国と激辛が大好き。韓国ドラマの総視聴時間は400時間越え!(日々更新中)
諸悪の根源は「自己理解不足」だと気づいていますか?

以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \