ライフハック

今の状況から抜け出したい人へ|自分や環境を変えられる15のテクニック

今の状況を抜け出したい
  • 「物事がうまくいかない今の状況を抜け出したい」
  • 「頑張っているはずなのにラクになれない・・」

行き詰まりを感じたとき、一体どうしたらいいのかわからなくなることはありませんか?

そんなときに有効なものの1つは、経験者の言葉です。

この記事では、自分や環境を変えるための15個のテクニックを、「人材育成セミナー講師」「心理学者」「創業者」の方の書籍をメインに紐解いていきます。

自分ができそうなこと・効果がありそうなことを実践し、今の状況を好転させましょう!

目次
  1. 今の状況から抜け出せない7つの理由
  2. 自分や環境を変えられる15のテクニック
  3. 人生を思い通りにする人の4つの特徴
  4. 困難な状況を乗り越えた5人の有名人
  5. 今の状況から抜け出したい!自分や環境を変える15のテクニック:まとめ
スポンサーリンク

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

今の状況から抜け出せない7つの理由

頭を抱える男性
まずは今の状況から抜け出せない原因を見ていきましょう。

ここでは7つご紹介します。

1-1.行動を変えられないから

1つ目の原因は、「行動を変えられないから」。

自分の行動が変わらなければ、現実はなかなか変わりません。

逆にいうと、現状を抜け出すには、今までと違った行動を起こす必要があります。

行動を変えられない例は以下の2つです。

行動を変えられない例
  • 受け身の姿勢になっている
  • →「いつか変わる」「誰かが気づいてくれる」と感じている

  • なにをしたらいいかわからない
  • →具体的な行動がイメージできず、先に進めない

今の状況を変えたければ、まず自分が行動することが必要。

具体的な方法を考えながら、勇気を出して今までと違うアクションをすることが大切です。

1-2.まわりに原因があると思っているから

「まわりに原因がある」と考えることは、「自分は変わらなくていい」と考えることでもあります。

自分が変わらないとなると、状況が好転するかどうかは「まわり次第」です。

そのため、物事がうまくいかないことをまわりのせいにするのは、現状を好転させるにはとても遠回りな方法と言えます。

人材育成の塾やセミナーを開催されている永松 茂久さんは、著書のなかで以下のように述べています。

大人になってからも、ずっと「あの人が悪い」「あの人のせいだ」と言い続けているのはいかがなものでしょうか。
「○○のせい」と考える習慣を持ち続けるかぎり、けっして幸せはやってきません。

引用:永松 茂久『一流の人に学ぶ心の磨き方』

たしかに生きていれば、「あの人に邪魔されなければうまくいっていた」「もっと都会に住んでいたらチャンスがあるのに」などと思うことはあるでしょう。

しかし、そういうときこそ、「自分にできること」にフォーカスをして、自分の意志で状況を変えていくことが大切です。

1-3.物事を「こなす」だけになっているから

何事も、ただ「こなす」だけだとつまらなく感じます。

例えば、ババ抜きを想像してください。

「順番にカードを引く作業」と思ってやったとしたら、全然盛り上がらなさそうじゃないですか?

ゲームとして盛り上がるのは、「勝ちたい」「あの人が持ってそうだ」「どうやってババを引かせようか」と、思考や感情をもってやるからこそです。

仕事や家事のなかには、仕方なくこなさなければいけないことも少なくありません。

しかし、だからこそ、それをやるメリットを考えたり、自分なりの目標をもったりすることが重要。

物事への取り組み方を変えるだけで、生活の充実度はガラッと変わります。

1-4.自分にばかり視線が向いているから

うまくいかない状況だと、つい自分にばかり視線が向きがちです。

「こんなに頑張ってるのに」「何をしても空回り」と自分の苦しみばかり意識してしまうと、周囲の人に気を配ることを忘れやすくなってしまいます。

しかし、うまくいかないときほど、相手の立場になったり、まわりの人を喜ばせたりする意識を持つことがポイント。

なぜなら、まわりの人とは、自分を取り囲む環境そのものだからです。

これまで35万人以上に人材育成のセミナーや講演をしてきた永松 茂久さんは、「一流の人は、相手を褒めたり温かい声をかけたりといった、精神的なメリットを与えられる人だ」と話しています。

一流の人は、まわりの人に精神的なメリットを与えます。(中略)
自分から進んで相手に声をかけているだろうか?
自分から進んで相手の自己肯定感を高める行動をしているだろうか?(中略)
精神的なメリットを与えることのできる人は、まわりから行為を持たれます。
そして、「好かれる」という魅力は、あなたのまわりに“人”という宝を引き寄せます。

引用:永松 茂久『一流の人に学ぶ心の磨き方』

「自分がうまくいかないから」といって周囲への思いやりを忘れてしまうと、助けてもらえる機会が減ってしまうかもしれません。

逆にまわりの人を喜ばせられる人は、たくさんの味方を持つことができるんです。

1-5.変わらないメリットの方が大きいから

そもそも人間には、心理的ホメオスタシス(恒常性)というものがあります。

これは、安全に生き残るために、今いる状況にとどまろうとする本能です。

習慣化コンサルタントの古川 武士さんは、変わりたいと思っても変われない理由を以下のように解説しています。

なぜ、私たちは自分を変えたいと思っているのに、変われないのでしょうか?
理由は、深層心理(無意識)にはいつもどおりを維持するという引力が働くからです。
無意識は、生存を最優先に考えるため、「安全・安心・安定」を守ろうとします。
そのためには、新しい変化に抵抗して、現状を維持しようとします。

引用:古川 武士『理想の人生をつくる 習慣化大全』

つまり、本当に変わりたいと思ったときは、安心・安全な現状維持よりも、大きなメリットを認識する必要があるんです。

「変わりたい」と思う場合は、変わることのメリットをしっかり把握したり、具体的な行動に落とし込んだりする必要があるでしょう。

1-6.成果ばかりを追っているから

結果ばかりを追っていると、「思ったようにうまくいかない」という状況に陥りやすくなります。

それは、結果は自分でコントロールできないからです。

例えば会社のプレゼンをすることになった場合、自分でコントロールできるのは本番までの過程。

「資料にどんな工夫をするか」「本番までに何回練習するか」といったことが、自分の行動や意志次第で変更可能なことです。

一方で「結果」は、周囲の人の見方やその場の雰囲気・タイミングによって左右されます。

例えば自分のプレゼンがAさんには高評価でも、Bさんからは改善点をたくさん指摘されることもあるでしょう。

また、今期のグループでは3位でも、来期のメンバーでは1位の出来かもしれません。

このように、結果という「自分の意志で直接コントロールできないもの」ばかりを追うと、もどかしさや無力感から抜け出しづらくなってしまいます。

夢中になる方法
夢中になる方法|1つの物事に夢中になるための「ロジック」とは?「夢中になれるものがなくて損をしている気がする…」そんな気分になることってありますよね。実は夢中になる方法にはロジックがあり、誰でも真似して再現することが可能なんです。ここではその具体的なやり方を紹介します。...

1-7.悪い部分しか見えなくなっているから

悩みから抜け出せなくなる原因には、「悪い部分しか見えなくなる」というのもあります。

できごとには、いい面と悪い面があります。

物事の悪い面しか見えなくなると、あたかも自分には悪いことばかり起こっているような感覚になってしまうんです。

うまくいかないことが続くと、そのことばかりに目がいってしまい、視野が狭くなりがちです。

目線を上げて視野を広くすることで、現状を前向きにとらえられたり、新しい解決策が見えてきたりするでしょう。

自分や環境を変えられる15のテクニック

清々しく両手を上げる女性
ここからは、自分や環境を変えるための15のテクニックを、「人材育成セミナー講師」「心理学者」「創業者」の方の書籍をもとにご紹介します。

テクニックは以下の4つの観点でまとめるので、自分に合いそうなものからぜひ実践してみてください。

4つの観点
  • 環境
  • 習慣
  • 姿勢・考え方
  • 人間関係

順に見ていきましょう。

2-1.環境を変えて今の状況を抜け出す

「変わらないメリットの方が大きいから」でもご紹介したとおり、人間には「現状を維持しよう」とする本能があります。

そのため、現状を変えるには、意志に頼るのではなく、環境を整えることがポイントです。

シリーズ400万部を超える自己啓発小説の『夢をかなえるゾウ』にも、こんな一節があります。

ええか?ワシが言いたいのはな、自分がこうするて決めたこと実行し続けるためには、そうせざるを得ないような環境を作らなあかんいうことや。ただ決めるだけか、具体的な行動に移すか。それによって生まれる結果はまったく違ってくるんやで

引用:水野 敬也『夢をかなえるゾウ1』

それでは、環境を変える具体的な方法を3つご紹介します。

2-1-1.向上心のある人と一緒に過ごす

誰と一緒に過ごすかで、行動やモチベーションは変わります。

そのため、一緒にいるとパワーをもらえる人やお手本にしたい人など、向上心のある人と一緒に過ごすようにしましょう。

以下は、著書『一流の人に学ぶ心の磨き方』にある一文です。

「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、同じ考えの人は自然と集まるようになっています。
ですから、自分のまわりにいる人は、自分自身を映す鏡であるといっても過言ではありません。

引用:永松 茂久『一流の人に学ぶ心の磨き方』

まわりの人は自分の鏡なので、身近な人間関係を意識的に向上させることで、自分自身にもいい影響があります。

もし「刺激をもらえるような人が近くにいない」という場合には、「ステキだな」と思える人をSNSでフォローするのも手です。

また、やる気をそいでくる人や、向上心のない人と距離を置くようにするのも有効でしょう。

自己肯定感を上げてくれる人とは?あなたを変える手助けをする救世主自己肯定感をあげてくれる人に出会って、自己肯定感を上げたい!そう思いませんか?実は自己肯定感を上げてくれる人はあなたの身近な存在のあの人かもしれません。本記事では自己肯定感を上げてくれる人はどんな人で誰なのかについてお話しします。...
親から離れて自分の人生を生きるための5つの方法を紹介!「親の束縛から解放されたいけど、なかなか行動に移せない。」親に対する罪悪感や同情が、あなたの自立を妨げているかも。それでも親から離れて自分の人生を生きたいという方は、こちらで紹介する5つの方法をお試しあれ。親の人生ではなく、自分の人生を生きていきましょう。...

2-1-2.不用品を処分する

不用品の処分は、心の整理に役立ちます。

なぜなら、部屋がスッキリすることで生活のストレスが減るからです。

結果やる気や行動も起きやすくなるので、やるべきことに効率よく取り組むことができます。

また不用品を整理するメリットは他にもあります。

不用品を整理するメリット
  • 視界がスッキリし、作業に集中できる
  • 物を探す手間が減る
  • 整理整頓がラクになり暮らしやすくなる
  • 生活スペースが広くなりリラックスできる

成功と幸福について研究している心理学者のマーク・レクラウさんは、著書のなかで以下のように述べています。

自分の身の回りの環境を改善したいなら、不用品を処分することも含まれる。(中略)
衣服や日記、本、CD、家具など、もう使っていないモノを処分しよう。 あるクライアントは週末にマンションの自室の片づけを済ませたところ、心身ともに軽やかになり、エネルギーが湧いてきて、短期目標をすべて達成したという。

引用:マーク・レクラウ『習慣を変えれば人生が変わる』

住環境の整理は、環境づくりの基盤です。

いらない物は処分し、家も心もスッキリさせましょう。

2-1-3.時間泥棒から距離をとる

「現状から抜け出したい」といくら思っても、問題解決に使える時間がなければ変化を起こすことは難しくなってしまいます。

そのため、時間を奪うものから意識的に距離をとることも大切です。

時間泥棒には以下のようなものがあります。

時間泥棒の例
  • つけっぱなしのテレビ
  • 暇つぶしのSNS
  • 作業中のスマホ通知
  • ことあるごとに話しかけてくる同僚

自分の時間を守ることができれば、その分現状の打開に労力を費やすことが可能です。

2-2.習慣を変えて今の状況を抜け出す

ここまで環境を変える方法をご紹介しましたが、今の状況を抜け出すには「習慣」を変えることも有効です。

著書『習慣を変えれば人生が変わる』では、習慣を変えることについて以下のように紹介されています。

古代ギリシャの哲学者アリストテレスは「習慣が変われば、人生が変わる」と言った。(中略)
同じことを繰り返して違う結果を得ようとするのは愚の骨頂である。
人士絵で違う結果を得たいなら、新しい習慣を確立する必要がある。

引用:マーク・レクラウ『習慣を変えれば人生が変わる』

朝起きてから寝るまで、私たちの生活はたくさんの習慣が根付いています。

その習慣をよりよいものに変えることで、結果も伴って変わるでしょう。

具体的な方法を4つご紹介します。

2-2-1.目標とステップを決める

「現状を抜け出したい」と思っても、具体的なゴールや解決法がわからないと行動しづらいですよね。

そのため、習慣的に目標とステップを決めるようにすると、効率な問題解決に効果的です。

心理学者のマーク・レクラウさんは、目標とステップを決め、それを紙に書き出すことをすすめています。

人生の明確な目標を設定することは、成功と幸福を手に入れるうえで不可欠である。
目標を達成するための第一段階は、それを紙に書きとめることだ。(中略)
そして、それを達成可能な小さいステップに分割し、目標を達成するためのすべてのステップを列挙しよう。

引用:マーク・レクラウ『習慣を変えれば人生が変わる』

ステップで決めたことを実践する際は、比較的簡単にできるものから順に取り組んでいきましょう。

最初から大きなことをやるよりもモチベーションが保たれやすいので、おすすめです。

2-2-2.自分なりの意義やノルマをもつ

「現状を抜け出せない原因」でも紹介したとおり、物事を「こなす」だけでは面白みや達成感は味わいづらくなります。

そのため、現状に対し「もっとやりがいを感じたい」「つまらない」と感じる場合は、目の前の作業に自分なりの意義やノルマをもつことが有効です。

意義やノルマの例
  • 金運アップのためにトイレ掃除をしよう
  • 今回の商談は、契約よりも信頼を得ることを目標にしよう
  • この仕事は20分で片づけよう

自分のなかに意志や目的が持てると、目の前のタスクにも張り合いが生まれます。

やりがいを得るために、自分の取り組む姿勢をひと工夫してみましょう。

自分の行動に後悔ばかりする人の心理5選|後悔を減らすには?
自分の行動に後悔ばかりする人の心理5選|後悔を減らすには?後悔ばかりする人の心理とは?何かにつけて後悔ばかりしてしまう、ということはありませんか?実はそれ、さまざまな要因があったんです。本記事では後悔ばかりする人の心理について、特徴や要因、後悔しない人になるためのヒントを紹介しています。つらい気持ちを軽減しましょう! ...

2-2-3.小さな変化を大切にする

人生にいい流れを作りたいときは、小さな変化こそ大切。

なぜなら、状況を変えるのに不可欠なのは「着実に行動すること」だからです。

心理学者のマーク・レクラウさんも、著書のなかで以下のように述べています。

ほとんどの人は、人生を変えるためには大きな変化を起こさなければいけないと考え、それに圧倒されて何もせず、従来の習慣に固執する。
しかし、大切なのは、大きな努力を必要としない小さな変化を起こすことだ。この小さな変化がやがてより大きな変化につながる。

引用:マーク・レクラウ『習慣を変えれば人生が変わる』

小さな変化には、以下のようなものがあります。

小さな変化の例
  • 今まで適当に挨拶をしていた
  • →自分から明るく挨拶してみる

  • 言われた仕事だけやっていた
  • →自分から上司に提案してみる

  • Aさんに対し「イヤだな」といつも思っていた
  • →Aさんのいいところを見つけてみる

小さな変化を大切にできれば、気負いすぎることなく日々前進できるうえ、行動できたという達成感が次の行動にもつながります。

どんなに小さなことでも、よりよいと思える行動を選択しましょう。

2-2-4.言い訳をしない

「問題が解決できない」「なかなか理想に近づかない」というときは、本当はやった方がいいと思っていることを先延ばしにしている可能性があります。

そのため、自分のなかにある言い訳に気づくことができれば、行動の足かせを外す手がかりになるでしょう。

言い訳には以下のようなものがあります。

言い訳の例
  • 私は悪くないから
  • ○○さんの仕事だから
  • 今は時間がないから
  • ○○した後やるつもりだから
  • やってもたぶんうまくいかないから

行動しなければ、状況はなかなか変わりません。

漠然と浮かんでくる言い訳を鵜のみにせず、自分が「やった方がいい」と思うことは率先してやる習慣を身につけましょう。

2-3.姿勢・考え方を変えて今の状況を抜け出す

物事への姿勢や考え方を変えると、状況は一変します。

それは、「失敗」「成功」「幸せ」「つまらない」といった判断は、すべて「自分がどう思うか次第」だからです。

では、現状を抜け出すための姿勢や考え方にはどんなものがあるでしょうか?

順にご紹介します。

2-3-1.苦しみは一時的なものだと知る

悩んでいる状態だと、目の前の苦しみがずっと続く気になることがあります。

しかし実際は、今の苦しみが永遠に続くことはありません。

以下は、著書『習慣を変えれば人生が変わる』の一節です。

人生をもっと気楽に考え、「不運なことはいずれ過ぎ去る」と信じて心を落ち着かせよう。(中略)
自分がほしいものに意識を向け、ひらすら全身を続けよう。「どんなにつらいことでも、半年後にはそれについて笑えるようになる」という格言がある。

引用:マーク・レクラウ『習慣を変えれば人生が変わる』

「うまくいく時期もあれば、うまくいかない時期もある」という余裕が持てると、それだけで悩みが軽くなることもあります。

目の前の悩みに支配されず、楽観性と冷静さを保つことが重要です。

2-3-2.完璧を目指さない

完璧主義とは、自分にミスを許さない考え方です。

そのため完璧を目指してしまうと、本当はうまくいっているときでさえ「こんなんじゃダメだ」「いつもうまくいかない」と感じてしまうんです。

その解決になるのが、完璧ではなく、「合格点」を目指すこと。

精神科医の和田 秀樹さんも、心のゆとりを持つために、最初から8割の出来を目指すことをすすめています。

押さえるところさえきっちり押さえれば、ほかの部分に少しぐらいの不備があってもなんとかなるということがわかっています。
つまり、100点をめざすのではなく、最初から合格点の80点をめざすやり方でいいのです。

引用:和田 秀樹『新「感情の整理」が上手い人下手な人』

自分に完璧を課さないだけで、心はかなり軽くなります。

日々のなかで、できた部分について自分を褒められる余裕を持ってみてください。

ダメな自分に落ち込む人へ|できない自分を認める7つの方法
ダメな自分に落ち込む人へ|できない自分を認める7つの方法ダメな自分に落ち込む、自分が嫌になる。できない自分を認められず、苦しい思いをしている方は多いでしょう。実は、あなただけのせいではないのです。この記事では、ダメな自分に落ち込む人へ、その原因と自分を認めるための対処法を7つ紹介しています。今度こそ変わりましょう! ...

2-3-3.視点を変えて「今すぐうまくいく」

視点を変えれば、私たちはすぐに現状を変えることができます。

なぜなら、「うまくいく」「うまくいかない」というのは、人のとらえ方でしかないからです。

ポジティブ心理学には、「幸福の公式」というものがあります。

それによると、幸せの構成要素と、幸せに与える影響の割合は以下のとおりです。

幸福の構成要素と割合
  • できごと(どんなことが起こるか)
  • 10%

  • 捉え方・考え方(自分がどう考えるか)
  • 40%

  • 自己コントロール・自由選択(自分が望む選択ができるか)
  • 50%

参考:古川 武士『理想の人生をつくる 習慣化大全』

公式を見てもわかるように、幸せにおいて重要なのは「なにが起こるか」よりも、自分のとらえ方です。

そのため、うまくいかないことがあっても、あえてプラス面を考えたり、いい機会だととらえたりすれば、その瞬間、状況は好転するんです。

「ただの気休めじゃん」と思うかもしれませんが、物事のとらえ方は次の行動も左右します。

上司に怒られたことを「最悪」「惨めだ」と考える場合と、「改善点がわかった」「見返すチャンスだ」と考える場合では、先の結果が違うことは想像がつくのではないでしょうか?

2-3-4.自分がどうするかにフォーカスする

落ち込んだり、周囲を責めたりしても状況はすぐに変わりません。

思いどおりにいかないときこそ、「自分がどうするか」に目を向けましょう。

著書『一流の人に学ぶ心の磨き方』では、以下のように紹介されています。

一流の人は、「起こってしまったこと」や「自分ではどうにもならないこと」をいつまでも引きずることなく、「じゃあ、どうする?」と、すぐに次の手を考え始めます。

引用:永松 茂久『一流の人に学ぶ心の磨き方』

状況を変えられるのは自分しかいません。

うまくいかないときに、状況を嘆くよりも、進みたい方向に目を向けることがポイントです。

人に流されやすい自分を直したい人へ!影響されない人になれる7つの方法「いつも人に流されてばかりでイヤだ」周囲に流される人は共通の特徴が見られます。これらの特徴にあてはまっていないか確認したうえで、改善策をたて実行すれば性格を変えられます。この記事では人に流されなくなるための改善策や、人に流されやすい人の特徴を解説します。...

2-4.人間関係を変えて今の状況を抜け出す

最後のテクニックは、人間関係を変えて状況を抜け出す方法です。

全部で4つご紹介します。

2-4-1.他人を変えようとしない

状況を好転させるには、他人を変えようとしないことがポイントです。

人が変わるか変わらないかは本人次第。

そのため、「他人を変えること」は、自分がコントロールできないことの1つといえます。

「結果ばかりを追っている」でも紹介したとおり、自分の意志でコントロールできないことに注力してしまうと、思ったような成果が得られず苦しくなりがちです。

「もっとこうなってほしい」「もっとこうしてくれればいいのに」と、他人に変化を求めるのではなく、コントロール可能な「自分はどうするのか」に着目しましょう。

変えられないものを受け入れるには?ニーバーの祈りで自分を変える!
変えられないものを受け入れるには?ニーバーの祈りで自分を変える!変えられないものを受け入れるにはどうしたらいい?生きていると自力ではどうにもならない問題にぶつかります。しかし、名言「ニーバーの祈り」を活用して自己理解を進めると、変えられないものを受け入れるためのヒントを得られるのです。本記事で、その方法を詳しく解説します! ...

2-4-2.他人との比較をやめる

他人との比較をやめると、物事を前進させやすくなります。

なぜなら、自分の成長を認識しやすくなるからです。

他人と比べる例には、このようなものがあります。

他人と比べる例
  • 同僚の方が順調そう・・
  • 近所の奥さんの方が幸せそう
  • SNSでフォローしている人はみんな成果を出している

このように、状況や成果を他人と比較してしまうと、自分の頑張りが小さく見えたり、見栄を張りたくなって本質を見失ってしまう可能性もあります。

ではどうすればいいかというと、人材育成のセミナーをしている永松 茂久さんは、「比較対象は他人ではなく過去の自分にすべき」と話しています。

やみくもに自分と他人とを比べると、よけいな悩みを抱え込むことになります。(中略)
一流の人は、他者ではなく、「過去の自分」を比較対象にします。
競争する対象を外に求めるよりも、過去の自分を相手にしたほうが成長できるということを知っているからです。

引用:永松 茂久『一流の人に学ぶ心の磨き方』

順調そうに見える人にも別の悩みがあるかもしれないし、人によって成功も失敗も違います。

つまり比べることには際限がないし、意味もないんです。

現状をよくするには、隣の芝を見るのではなく、自分の芝を育てましょう。

2-4-3.自分から伝える

周囲に察してもらおうとすると、問題解決に余計な時間がかかってしまいます。

まわりに助けてほしいこと・理解してほしいことがある場合は、自分から直接伝えることが重要。

問題をなるべく早く、スムーズに解決するために、まずは自分からできることをしましょう。

自分から伝えることは、人生を良くする習慣としても推奨されています。

とにかくほしいものを求めよう。『求めたらよかった』と悔やみながら生きるよりも、求めて断られるほうがずっといい。(中略)
求めないかぎり、ずっとそういう状態が続く可能性がある。とにかく求めれば、少なくとも何らかの反応が得られる。

引用:マーク・レクラウ『習慣を変えれば人生が変わる』

自分から要望を伝えたり助けを求めたりすることで、状況はより好転しやすくなるんです。

2-4-4.遠慮なくノーと言う

自分にとって幸せな生活を送るためにも、必要なときには「ノー」と伝えることが大切。

なぜなら、人に合わせてばかりだと、自分の理想に近づくのが難しくなってしまうからです。

また、自分にとって大切なことに使う時間もなくなってしまうでしょう。

人財育成JAPAN 代表取締役の永松 茂久さんは、「一流の人は、自分の幸せを犠牲にしない」と述べています。

自分の幸せと他人の幸せは表裏一体。片方だけでは成り立ちません。(中略)
本当に人のためになることは、必ず自分自身も幸せにしてくれます。
そして、本当の意味で自分のために生きることができたとき、それは人をも幸せにする生き方につながっていくことを一流の人はよく知っているのです。

引用:永松 茂久『一流の人に学ぶ心の磨き方』

もちろん、人との付き合いでは思いやりや協調性も大切。

しかし、「ノー」と言わず他人に合わせすぎてしまうと、自分の人生を歩めなくなってしまいます。

朝焼けの空
自分の人生を生きている人9つの特徴【他人の人生を生きてはダメ!】「他人の顔色ばかり気にして自分はいつも後回し」このように悩んでいるあなた。他人の人生を生きていませんか?意識を少し変えるだけで改善できます。この記事は自分の人生を生きている人の特徴や、自分の人生を生きていくための具体的な方法まで解説します。...

人生を思い通りにする人の4つの特徴

笑顔で深呼吸する女性
あなたのまわりには、「あの人はいつも順調そう」「明るくて幸せそうでうらやましい」と感じる人はいませんか?

物事がいつもうまくいっているように見える人には、どのような共通点があるのでしょうか。

ここからは、人生を思い通りにする人の4つの特徴をご紹介します。

前章で紹介した15個のテクニックと合わせて実践することで、より状況を好転させるのに役立つはずです。

3-1.悪口を言わない

うまくいく人・幸せになりやすい人は、人の悪口を言いません。

悪口には、多くのデメリットがあります。

悪口のデメリット
  • トラブルのもとになる
  • 信頼をなくす
  • 言っているときも嫌な気分になる
  • 現状になにもいい影響を与えない

逆に悪口を言わなくなるだけで、上記のデメリットを回避することができます。

累計納税額で日本一になったことのある、銀座まるかん創業者の斎藤 一人さんの著書『斎藤一人 俺の人生 (すべてが成功する絶対法則)』では、「悪口を言いながら幸せになることはありえない」と述べられています。

愚痴とか悪口とか泣き言を言いながら、幸せな人生を欲しがっても絶対にできないんです。あり得ないよ。
だって、愚痴とか文句を言ってること自体、もう不幸なんだから。まず、それをやめることだよね。

引用:斎藤 一人『斎藤一人 俺の人生 (すべてが成功する絶対法則)』

人に文句を言うのではなく、「2-3-4.自分がどうするかにフォーカスする」で紹介したように、自分ができることにフォーカスしてみましょう。

3-2.身の回りにある幸せに気づける

『幸せはいつも自分の心が決める』

これは詩人・書家として有名な相田みつをさんの言葉です。

同じ状況でも、幸せに気づける人は幸せを感じ、不幸に目がいく人は不幸を味わいます。

例えばお昼にパンを1つしか食べられないときに、「今日のお昼はこれだけか」と考える人と、「これだけでも食べられてよかった」「味わって食べよう」と考える人では、その後の人生に大きな開きが生まれると思いませんか?

まったく同じ出来事だったとしても、それを自分がどう受け取るかで意味合いは大きく変わります。

苦しいときこそ、見落としがちな幸せを忘れないようにしましょう。

3-3.笑顔と姿勢を大切にしている

「楽しくて幸せな人生を歩んでいる人」と聞くと、ニコニコ笑っていて背筋がまっすぐな人のイメージが湧くのではないでしょうか?

これは単なる印象だけではありません。

実際に、笑顔や姿勢は幸福感を左右することがわかっています。

  • ほほ笑むことは心身の健康を増進し、人間関係を円滑にし、人生の質を高める。(中略)
    笑うことは健康にたいへんいいことが、多くの研究で裏づけられている。毎日、笑うことは精神状態を改善し、創造性を高めることが判明しているのだ。
  • これは神経プログラミングで提唱されているエクササイズである。
    それによると、体の姿勢を変えると心の姿勢も変わるという。(中略)
    顔を上げて笑みを浮かべていると、気分がずっとよくなることがわかる。姿勢を正して悲しみを感じることはできないはずだ。

引用:マーク・レクラウ『習慣を変えれば人生が変わる』

「充実した幸せな毎日を送りたい」と思っていても、不愛想な顔をしていたり、背骨が曲がっていたりすると、幸せが逃げてしまいます。

「笑う門には福来る」というように、笑顔や姿勢から「幸せを受け取る準備」を整えてみてはいかがでしょうか。

3-4.理想の生き方を持っている

自分にとっての理想の生き方があると、物事がスムーズに進みやすくなります。

理由は、目の前の失敗や困難を「過程の1つ」と、いい意味で楽観的に受け止めることができるからです。

銀座まるかん創業者の斎藤 一人さんは、著書のなかで以下のように述べています。

あのね、悩みの多い人っていうのは、目標が近すぎるんだよね。そうじゃなくて、もっと遠い目標を持って、その目標に向かっていけばいい。

引用:斎藤 一人『斎藤一人 俺の人生 (すべてが成功する絶対法則)』

また、「2-2-1.目標とステップを決める」で紹介したとおり、理想の生き方という目的地があることで、そこにたどり着くための具体的な行動を考えることもできます。

大きな目標をもって全体を広くとらえることで、小さな失敗にとらわれることなく行動していくことができるでしょう。

自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ
自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ自分軸の見つけ方を知りたい!そんなお悩みがある方は、自分を変えたいと感じるほど周囲に流されて生きる「他人軸」になっている可能性が高いです。本記事では自分軸の見つけ方を5つのステップで解説。自分軸で生きられるとどんな未来が待っているかもわかります。すぐに実践可能...
夢中になれるもの診断テスト27選! テーマ別に紹介
夢中になれるものを探す診断テスト27選!テーマ別に紹介します「夢中になれるものを診断したい!」そんなあなたに向けて、夢中になれるものを診断できるサイトを27個紹介します。仕事から趣味まで、テーマ別に紹介します。...

困難な状況を乗り越えた5人の有名人

階段を上る脚
自分が困難な状況にあるとき、憧れの偉人や有名人も大きな壁を乗り越えたという話を聞いて勇気をもらったことはありませんか?

この記事の最後に、困難な状況を乗り越えた5人の有名人をご紹介します。

ぜひ、現状を打開する勇気や原動力にしてください。

4-1.マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダンは、アメリカの元プロバスケットボール選手です。

「バスケットボールの神様」とも称されるほど歴史的な名選手ですが、高校時代にバスケットボールチームから追放された経験があります。

それでもバスケを愛し、努力を続けた先に、今の栄光があるのですね。

4-2.スティーヴン・スピルバーグ

映画「ジョーズ」「インディ・ジョーンズ」「トランスフォーマー」など数々の有名作品で知られる映画監督のスティーヴン・スピルバーグ

彼が乗り越えた困難は、演劇学校への入学を3回も断られたことです。

今やアメリカを代表するセレブリティになるほどの成功者ですが、入学を断られたときに夢を投げ出していたら、この成功はなかったでしょう。

4-3.ウォルト・ディズニー

ウォルト・ディズニーといえば、世界的に有名なミッキーマウスやディズニーリゾートの生みの親ですよね。

そんな彼も、新聞社の編集長から「アイデアと創造力が欠如している」と言われたことがあります。

しかも、そのせいで解雇まで言い渡されてしまいました。

あのウォルト・ディズニーにも酷評された経験があると知ると、「自分もまだまだ諦めちゃいけないな」と思えてきますね。

4-4.J・K・ローリング

J・K・ローリングは、ハリー・ポッターの作者です。

現在4億部以上出版されている人気シリーズですが、デビュー作である『ハリー・ポッターと賢者の石』は、シングルマザーとして生活保護を受けながら書き上げた作品。

まさに逆境のなかでつかんだ大成功です。

苦しみを感じるような状況であっても、自分の思いを形にする大切さが伝わってくるエピソードではないでしょうか。

4-5.ビートルズ

20世紀を代表するロックバンドのビートルズ

現在も世界中にファンを抱える伝説のグループです。

しかし彼らにも、レコード会社の幹部から「こんな連中が成功するはずがない」と言われた時期があります。

最初からなにもかも順調にいくことはありません。

成功の裏にある苦労や挫折が垣間見えると、「自分もやってみよう」という勇気がもらえますよね。

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

今の状況から抜け出したい!自分や環境を変える15のテクニック:まとめ

今回は、自分や環境を変える15のテクニックをご紹介しました。

困難な状況を抜け出す方法は、環境習慣姿勢・考え方人間関係とさまざまです。

ぜひ自分に合った方法を見つけて、早速実践してみてください。

自分の行動や考え方を変えれば、必ず現実は変わっていきます。

「今すぐ問題を解決したい!」と焦る気持ちもあるかもしれませんが、そんなときこそ問題を俯瞰し、余裕を持つことが大切です。

小さな変化を大切にして、一歩ずつ理想の毎日を実現していきましょう!

ABOUT ME
ゆに
塾講師webライター。繊細気質(HSP)を活かした心地よい暮らしを日々研究中。ねことエビが大好きです。
自分を理解すれば多くの悩みが解決します
以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \