仕事

【サラリーマンやめて何する?】おすすめの仕事7選!ポイントも解説

「会社で働くのがしんどくなってきた」
「サラリーマンやめようかな?」
「でもサラリーマンやめて何すればいいの?」

このような悩みを抱えていませんか?

結論、サラリーマンをやめてフリーランスで働くには今が絶好のタイミングです。

人生100年時代において定年退職後のセカンドキャリアは、だれもがフリーランスとして働く可能性が出てきました。

現在アメリカでは、1億6千万人の労働人口より5,730万人がフリーランス化しており、2027年にはフリーランスが過半数になると予測されています。

日本でも現在1,000万人のフリーランス(本業、副業含む)がいると言われ、この数は国内労働人口の6分の1で、経済規模はなんと20.1兆円。(出典:「フリーランス白書2018」

今後、日本でもアメリカのようにフリーランスがさらに増えていくでしょう。

つまり、フリーランスで働くことが普通な時代は、すぐそこまで来ています。

しかし、何も考えずに辞めてしまう前に、サラリーマンやめて何をするか、サラリーマンやめてどのような生き方をするかを決めるのがまずは第一。

この記事では以下のポイントをお伝えします。

  • サラリーマンをやめるまでに決めること
  • サラリーマンをやめてからのおすすめの働き方
  • サラリーマンをやめてフリーランスになるときのポイント

ライフスタイルの参考になればと思いますので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

1.サラリーマンをやめて何するか?を決めて準備する

窓の外の景色を見ながらたたずむ男性

もしやりたいことがなく、今の会社が嫌でサラリーマンをやめようとあなたが思っているなら、少し立ち止まって考えて見るのはいかがですか?

サラリーマンをやめたあとの未来が明確でなければ、後に後悔するかもしれないからです。

「会社が嫌だ、サラリーマンをやめたい」と思ったら、まずは以下の視点で考えるのがおすすめ。

  • どんなライフスタイルを望んでいるのか?
  • 希望のライフスタイル実現にはどのような方法があるのか?
  • 希望のライフスタイルの実現は可能か?
  • 実現可能ならどのような準備が必要か?
  • 準備のためにはどれくらいの期間が必要か?

仮説を立て、繰り返し検証してみましょう。

検証したうえで、できることから準備しても遅くはないと思いますよ。

2.サラリーマンをやめて何するか決めるときの2つの考え方

ベンチで腰かけて話をする男性

必要なのは、以下2つの考え方になります。

  • 人生の目的や生き方を決める
  • お金や仕事をどうするかを決める

それぞれ見ていきましょうね。

2-1.人生の目的や生き方を決める

自分が望むライフスタイルによって、サラリーマンやめて何をするかが変わってきます。

例えばキャリアアップして今よりもライフステージを高めたい人なら、起業などが選択肢になるでしょう。

反対に自由な働き方を望む人は、フリーランスとして自分でできる範囲で仕事したいと思うかもしれません。

まずは自分の望むライフスタイルを、決めてみてはいかがですか?

残りの人生をどう生きるか考えなきゃ損!人生を満足に過ごす方法9選!残りの人生をどう生きるか考える必要はあるの?実は残りの人生を今すぐ考えて行動しないと損ですよ!なぜならあなたが亡くなるのは明日かもしれないからです。本記事では残りの人生をどう生きるか考えるべき理由と人生を満足に過ごす方法を9つ紹介します。...
生き方を変える方法
生き方を変える7つの方法|生き方を変えたい人にやってほしいこと「自分の今の生き方、このままでいいのかな?」と悩むことってありますよね。では具体的にどんな方法を使えば生き方を変えられるんでしょうか。ここでは生き方を変えたい人にやってもらいたい7つの方法を紹介します。...

2-2.お金や仕事をどうするかを決める

希望のライフスタイルを描いたら、次に実現するために必要なお金や仕事について考えます。

例えばフリーランスで自由な働き方を望むのであれば、以下の視点で考え仮説を立ててみるのもいいでしょう。

  • サラリーマンをやめた場合どれくらいの年収があれば生活できるか?
  • 希望の年収が確保でき、且つ時間や場所に縛られずに働くならどのような仕事があるか?
  • 希望の仕事する場合、どのようなスキルが必要か?
  • 必要なスキルを得るためには、どれくらいの期間が必要か?

繰り返し検証することで、サラリーマンをやめたあとの未来が想像できるのです。

「これならなんとかなりそう!」とイメージできた人は、サラリーマンをやめた後もうまくいく可能性が高いですね。

海ヲバックにした景色
会社で働かなくても生きていける人の7つの特徴&雇われずに生きる3つの方法とは?「働かなくても生きていける方法はないかな?」会社がツラいとつい考えて今います。結論、まったく働かずに生きていくのは現実的に難しいでしょう。しかし楽に、自由に働くことはあなたの努力次第で実現できます。この記事では会社で働かなくても生きていける人の特徴について解説します。...
内向型の人でもできる副業は?おすすめの仕事10選と始め方を解説!
内向型の人でもできる副業は?おすすめの仕事10選と始め方を解説!内向型で仕事が辛い。そんな方は、副業を始めてみてはいかがでしょうか?内向型だからこそできる仕事もあるのです。この記事では、おすすめの副業10選と無理のない始め方を解説しています!外向型の価値観に振り回されず、自分のペースで生きたい人はぜひ副業に挑戦しましょう!...

3.サラリーマンやめて何する?稼ぐならWebがおすすめ

デスクで資料に文字を書く人

個人で稼ぐとなると、Webでの活動が断然おすすめ。

理由は以下の通りです。

  • 個人でも仕事を受けやすい環境がある
  • 力仕事なら年々キツくなるが、Webならスキル次第でいつまでも働ける
  • 時間や場所に縛られずに働ける

フリーランス白書2020によると、フリーランスの収入源となる職種はWeb関係が多いのがわかります。

「クリエイティブ・Web・フォト系21.5%」、「エンジニア・技術開発系15.0%」、「出版・メディア系13.4%」を合わせると全体の半分に。

他の職種についても活動領域は、Web上が多いと思われます。(出典:「フリーランス白書2020」

以上の理由から、これからの時代サラリーマンをやめて個人で稼ぐ場合Webがおすすめなのです。

4.サラリーマンをやめてWebで稼ぐ仕事7選!

ビジネス誌を読む人

ではサラリーマンをやめてWebで稼ぐには、どのような仕事があるのでしょう。

ここではおすすめの仕事を7つ紹介しますね。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • コピーライター
  • イラストレーター
  • Webデザイナー
  • Webマーケティング
  • テクニカルライター

それぞれ見ていきます。

4-1.システムエンジニア

システムエンジニア(Webサイト開発)はWebサイトを設計し開発する仕事です。

開発するWebサイトについて顧客と検討し、求められる機能を理解しWebサイトを作成していきます。

【求められるタスク】

求められるタスク
  • 開発するWebサイトについて顧客と検討する
  • どのようなWebサイトにするか決めていく
  • 開発中に問題点があれば修正する
  • データベースの設計や外部システムとの連携などの基本設定を固める
  • 基本設計に従い、データ形式、ファイル形式、詳細な内部処理の方法決め、処理の流れを細分化した設計書を作成する

【システムエンジニアになるには】

身に付ける知識
  • 設計
  • コンピュータと電子工学
  • 通信技術
  • 顧客サービス・対人サービス
  • 数学
勉強方法
  • 書籍
  • 学習サイト
  • スクール
  • 勉強会

【労働条件の特徴】

就業者数260,230人
労働時間166時間
賃金(年収)511.9万円
年齢37.4歳

システムエンジニアは専門スキルが必要なので、スキル習得のため勉強期間を設けなければいけません。

Webメディアが今後ますます増える時代、ニーズの極めて高い仕事だと言えますね。

システムエンジニア(SE)について学べるおすすめの書籍はこちら↓↓

\20代で未経験からエンジニアを目指せるサービス/

4-2.プログラマー

プログラマーはシステムエンジニア(SE)が設計した詳細設計に基づき、プログラムを作成する仕事です。

SEがサイト設計における上流工程なら、プログラマーが担当するのは下流工程。

できあがったプログラムを個々に動かせて確認する単体テストや、複数のプログラムを結合させる結合テスト。

そしてシステムとしての動きを見るSEテストなど行います。

【求められるタスク】

求められるタスク
  • コンピューター言語を使いプログラムを作成する
  • できあがったプログラムが設計通り動作するかテストする
  • できあがったプログラムに問題点があれば修正する(デバッグ)
  • 既存のプログラムを修正し、その後の変化に対応したり機能を追加する
  • 開発するシステムがどのようなものか、システムエンジニアから説明受け概要を把握する

【プログラマーになるには】

身に付ける知識
  • コンピュータと電子工学
  • 設計
  • 数学
  • 通信技術
  • コミュニケーションとメディア
勉強方法
  • 書籍
  • 学習サイト
  • オンラインスクール

【労働条件の特徴】

就業者数260,230人
労働時間166時間
賃金(年収)511.9万円
年齢37.4歳

Web画面の開発ではデザインツールから自動的にHTMLなどが作られ、プログラミングの必要性は少なくなりつつあります。

しかし自動生成されたプログラムは整理されておらず、その後の修正や機能追加など難しいことから、プログラマーへのニーズは今後も高いと言えるでしょう。

プログラマーに必要な知識が学べるおすすめの書籍はこちら↓↓

スクールでプログラミングを学びたい場合はこちら↓↓

4-3.コピーライター

商品やサービスの特徴を理解し、広告や宣伝などに使用されるコピー(文章)を作成するのがコピーライター。

広告の方向性やアイデア、キャッチフレーズを広告制作のメンバーに示し、メンバーとラフスケッチを作成しクライントにプレゼンします。

【求められるタスク】

求められるタスク
  • 依頼を受けた企業との打ち合わせで、広告や宣伝の意図、商品やサービスの内容や特徴を理解する
  • 依頼主から、考案したキャッチコピーやコピーの承認を受けて必要があれば修正する
  • 記事、小冊子、パンフレットなどの販売促進資料を作成する
  • 広告の傾向や消費者の嗜好を調査し、広告の方向性を考える

【コピーライターになるには】

身に付ける知識
  • 日本語の語彙・文法
  • コミュニケーションとマスメディア
  • 芸術
  • 販売・マーケティング
  • 顧客サービス・対人サービス
勉強方法
  • 書籍
  • 学習サイト
  • 実績のある人に教わる
  • クラウドソーシングで実際に仕事する

【労働条件の特徴】

就業者数25,290人
労働時間160時間
賃金(年収)674.3万円
年齢41.1歳

最近は広告のサイクルが短く、スケジュール状況によっては長時間労働になりがち。

企業の新製品やサービスを一般にわかりやすく伝える必要があることから、今後もコピーライターには一定の需要が見込まれるでしょう。

コピーライターの始め方が学べるおすすめの書籍はこちら↓↓

実績がある人からコピーライティングを学びたい場合はこちら↓↓

\教わった人の多くが稼げるようになっています/
banner006-600.jpg

さっそくクラウドソーシングで仕事を見てみたい場合はこちら↓↓

4-4.イラストレーター

イラストレーターとは広告会社、出版会社、印刷会社などから依頼を受け、制作目的に沿ったイラストを作成する仕事。

紙と筆記用具、筆と絵具、色鉛筆、マーカー、ペンなどを使用し、写実、デフォルメ(変形)、劇画化などの手法を駆使します。

現在は描画ソフトや画像処理ソフトを使用し、パソコンやタブレットを用いて描くデジタルイラストが主流。

【求められるタスク】

求められるタスク
  • イラストを描くためにスケッチしたり、参考資料などを集める
  • 依頼者と打ち合わせしてイラストの図案や描写のテーマを考える
  • パソコンも接続したタブレット等で作画する
  • フリーランスとして独自のテーマと表現方法により、イラストを制作する
  • 画像、線画等をスキャンしてパソコンに取り込む

【イラストレーターになるには】

身に付ける知識
  • 芸術
  • コミュニケーションとマスメディア
  • 日本語の語彙・文法
  • 販売・マーケティング
  • コンピューターと電子工学
勉強方法
  • 書籍
  • 学習サイト
  • スクール
  • クラウドソーシングで仕事する

【労働条件の特徴】

就業者数37,820人
労働時間167時間
賃金(年収)509.1万円
年齢39.8歳

1点当たりの製作時間は人によってまちまちで、労働時間や収入は人によってかなり異なる模様。

デジタル媒体の多様化や社会環境の変化より、イラストの需要は伸びています。

イラストレーターの始め方が学べるおすすめの書籍はこちら↓↓

4-5.Webデザイナー

Webデザイナーは企業、学校、官公庁などが設けたWebサイトを企画、制作、デザインしWebクリエイターとも呼ばれています。

サイトのコンセプトに基づいて、画面のデザインやレイアウト、提供する機能など細かい内容まで決めるのです。

【求められるタスク】

求められるタスク
  • 既に運用しているWebサイトのページやデザインを修正・変更する
  • htmlやCSSなどのプログラミング言語を用いて、Webサイトを制作する
  • 画面のデザインやレイアウト、提供する機能などの仮案を作成する
  • 各ページに用いる素材(写真、イラスト、アイコン、ロゴ等)を作成、加工する
  • Webサイトに掲載する情報(文章、図表等)を作成する

【Webデザイナーになるには】

身に付ける知識
  • コミュニケーションとマスメディア
  • コンピュータと電子工学
  • 日本語の語彙・文法
  • 通信技術
  • 販売・マーケティング
勉強方法
  • 書籍
  • スクール
  • クラウドソーシングで仕事する

【労働条件の特徴】

就業者数193,830人
労働時間168時間
賃金(年収)460.9万円
年齢39.2歳

Webデザイナーは20~30代の若い人が多く、女性の割合も高い特徴があります。

インターネットの技術進捗は急速で、動画活用など表現の幅広がる一方。

また出版業界の電子化や言語別にWebを表示させるなど、今後もWebデザイナーの仕事の需要は多いと言われています。

WEBデザインをゼロから学べるおすすめの書籍はこちら↓↓

スクールでWEBデザインを学びたい場合はこちら↓↓

4-6.Webマーケティング

WebサイトやWeb技術を利用してマーケティングをします。

急速に発達している分野で、業務内容は多岐。

基本的にはWebを利用した市場調査や広告出稿、商取引の分析などのマーケティング活動になります。

Web広告手法による集客活動、CVRを向上させるためのアクセス解析や改善策の実施、メールマガジンやSNSを活用したリピーターの獲得など。

【求められるタスク】

求められるタスク
  • 社会や業界のトレンド、利用者のニーズについてテレビや新聞、専門誌、ネットメディア等から幅広く情報収集する
  • 具体的なコンテンツ(テキスト、ムービー、イメージ、Webサイト等)を作成する
  • アクセス解析の結果に基づき、Webマーケティングの手法、内容、配信先について改善策を考える
  • Web広告の場合、完成したコンテンツの配信登録する
  • Webサイトの場合SEO(検索エンジン最適化)を行う

【Webマーケッターになるには】

身に付ける知識
  • 販売・マーケティング
  • 顧客サービス・対人サービス
  • 日本語の語彙・文法
  • 事務処理
  • ビジネスと経営
勉強方法
  • 書籍
  • セミナー
  • 学習サイト
  • クラウドソーシングで仕事する

【労働条件の特徴】

就業者数 3,407,430人
労働時間 165時間
賃金(年収)629.6万円
年齢41.2歳

一般的には企業の中枢業務なので、給与水準は高い傾向。

社会のトレンドなどに絶えず着目しアイデアを考えることも大切なので、仕事時間は長くなりがちです。

メディアを手掛ける企業は、Webサイト設計から作成までを外注する場合もあり、フリーランスのディレクターの需要も高まっているのです。

WEBマーケティングが学べるおすすめの書籍はこちら↓↓

スクールでWEBマーケティングを学びたい場合はこちら↓↓

\カリキュラム&サポートが超充実!/
\「Google広告認定資格」が取れる/

4-7.テクニカルライター

テクニカルライターとは企業が制作する家電、情報機器、自動車などに添付されるマニュアル(取扱説明書)を制作する人です。

ユーザーが製品を理解し、安全に使いこなせるように正確でわかりやすいマニュアルを作成するスキルが必要。

一般的には商品を制作する企業が自前で抱えているケースもありますが、近年はフリーランスに外注するケースも増えているのです。

【求められるタスク】

求められるスキル
  • 製品を開発した研究者や技術者を取材して、製品の機能や操作方法を詳しく聞き、資料を収集する
  • 明確で簡潔な文章で説明書を作成する
  • 印刷物向けに資料をレイアウトする
  • 説明書に掲載する写真や図、チャート等を準備する
  • 仕様書を読み、実際の操作で動作確認する

【テクニカルライターになるには】

身に付ける知識
  • 日本語の語彙・文法
  • コミュニケーションとマスメディア
  • 外国語の語彙・文法
  • 事務処理
  • 通信技術
勉強方法
  • 書籍
  • セミナーへの参加
  • 通信教育
  • 起業で働きながら覚える

【労働条件の特徴】

就業者数78,730人
労働時間160時間
賃金(年収)674.3万円
年齢41.1歳

フリーランスではひとつずつの仕事で報酬が支払われるため、収入は仕事量によって左右されます。

コンピュータを搭載した精密機器やネットワーク製品の増加で、操作は多様化・複雑化しているのでマニュアルは不可欠。

このことからテクニカルライターの活躍の場は広がっているのです。

出典:職業情報提供サイト(日本版O-NET)

5.サラリーマンをやめる3つのメリット

パソコンを見ながらほほ笑む男女

サラリーマンをやめることで得られることは何でしょうか?

以下3つのメリットについて見ていきましょう。

  • 人間関係に悩まない
  • 時間に縛られない
  • 自分の仕事のスタイルで働ける

5-1.人間関係に悩まない

人間関係で悩まないのが、フリーランス最大のメリット。

会社をやめたいと思う原因のほとんどが、人間関係だと言ってもいいでしょう。

実際フリーランスへの働き方満足度のアンケートの結果、一番は仕事上の人間関係と回答した人は7割以上にのぼります。

フリーランスで働く理由
出典:「フリーランスの実態調査結果」内閣官房日本経済再生総合事務局

人間関係で悩まず仕事するのは、サラリーマンをやめたら得られる最大のメリットだと言えるでしょう。

 ネクタイを結ぶサラリーマン
苦手な上司に萎縮してしまう理由5選|切替方も解説!【心配無用】「苦手な上司に萎縮してしまう。会社に行くのがイヤだ。」このような悩みを抱えたあなた。上司に萎縮してしまうのは、ネガティブな思考になっているからです。萎縮してしまう5つの理由やおちいりがちなマイナス面を解説します。最後に上司に萎縮しない心の持ち方まで解説します。...

5-2.時間に縛られない

サラリーマンをやめて個人で稼ぐということは、時間に拘束されないということ。

サラリーマン時代は組織に属して仕事するので、色々拘束されてしまいがちです。

土日祝は休みで、働き方改革から残業もしにくくなりました。(家に仕事を持ち帰る人も多いようですが。)

その点サラリーマンをやめて個人で仕事すると、自分のペースで仕事ができます。

一日の時間を、自分のために有効に使えるのがフリーランスのメリットと言えるでしょうね。

仕事を辞めて自由になりたい! 一歩踏み出す方法を紹介!
仕事を辞めて自由になりたい!円満に退社して一歩踏み出す方法を紹介「仕事を辞めて自由になりたいけど、簡単に仕事を辞められない」そんな悩みが解決します。仕事の辞め方から自由に生きていく方法までをすべて解説。この記事を読めば会社を辞めて自由に生きていく方法がわかります。...

5-3.自分の仕事のスタイルで働ける

サラリーマンをやめてフリーランスになると、自分の仕事のスタイルを貫くことが可能。

すべて自分で選択できるからです。

フリーランス実態調査では、フリーランスの働き方を選んだ理由の一番が「自分の仕事のスタイルで働きたいため」で全体の57.8%。

フリーランスで働く理由
出典:「フリーランスの実態調査結果」内閣官房日本経済再生総合事務局

仕事に対して、何に重きをおくか自分で選択できます。

  • やりがい
  • 楽しさ
  • 信頼関係
  • 達成感
  • 社会や他人への貢献

仕事のスタイルを自分で選択すると、ストレスが軽減するかもしれませんね。

仕事選び 何がしたいかわからない
理想の仕事選び3ステップ「何がしたいかわからない」を抜け出そう!「何がしたいかわからない」「でも充実した仕事を選びたい」そんな時はこの3ステップを試してみてください。もっとも重要なことは、1番最初に「自分の軸」を知ること。ステップ1として自己分析方法を詳しく解説したあと、企業選びの軸やNG行動もご紹介します。...

6.サラリーマンをやめる3つのデメリット

ソファーでくつろぎながらパソコンを見る人
サラリーマンをやめるデメリットは以下の3つになります。

  • 収入が安定しない
  • 立場が弱くなる場合がある
  • サラリーマンに比べて保障が少ない

それぞれ見ていきましょう。

6-1.収入が安定しない

サラリーマンをやめる最大のデメリットだと言えるでしょう。

サラリーマンは決まった日に毎月自動的にお給料が支払われますが、フリーランスはそれがありません。

成果に対する報酬となるからです。

仕事が途切れる=収入が途切れることになりますので、継続して仕事をもらえる環境でなければ生活できなくなるのです。

6-2.立場が弱くなる場合がある

対個人なので、クライアントに対して立場が弱くなる場合もあります。

内閣官房日本経済再生総合事務局のフリーランスの実態調査では、「発注の時点で報酬や業務内容が明示されなかった」が37%でした。

報酬の支払いの遅れや支払われなかったのも28.8%。

フリーランスのトラブルの事例
出典:「フリーランスの実態調査結果」内閣官房日本経済再生総合事務局

仕事をもらうという立場上、声を大にして抗議しにくいかもしれません。

6-3.サラリーマンに比べて保障が少ない

特に病気などで体を壊したとき。

サラリーマンなら収入が保証されるケースがほとんどです。

しかしフリーランスは成果報酬なので、病気で仕事ができなくなれば当然収入も入ってきません。

だれでも病気になるリスクがあることを考えると、保障が少ないのはフリーランスのデメリットだと言えます。

7.サラリーマンをやめてフリーランスになるときの5つのポイント

スマホを見ながらほほ笑む男性

サラリーマンをやめて個人で稼ぐと決めたら、どのようなことを意識すれば良いでしょうか?

ポイントは以下の5つです。

  • 固定費を極限まで下げる
  • 報酬はサラリーでなく結果で受け取る
  • 複数の収入経路を持つ
  • エージェントやプラットフォームを有効活用する
  • 副業での準備期間を設ける

それぞれ見ていきましょうね。

7-1.固定費を極限まで下げる

固定費を下げるのはフリーランスの鉄則。

毎月の収入から固定費を差し引いたものが手取りとなるので、固定費が高ければ当然手元に残るお金は減ってしまうからです。

以下の固定費は自助努力で下げられます。

  • 家賃(自宅で仕事をする)
  • 車(維持費、駐車場代、保険、税金、車検)
  • 移動費(リモートを活用)

フリーランスとして働くときに、自分の生活を一度見直してみてはいかがでしょうか?

不要なものは思い切って削るのをおすすめします。

また可能な限り経費にすれば節税につながるので、手元に残るお金が変わってきますよ。

7-2.報酬はサラリーでなく結果で受け取る

サラリーマンは仕事に対するプロセスも査定対象のため、時間で給料を受け取ることになります。

しかし個人で稼ぐとなると、時間ではなく価値が報酬。

  • 商品
  • 時間
  • 実績
  • スキル
  • 知識

上記はすべて価値であり、お金と交換できます。

「超・起業思考」の作者である船ケ山哲氏は自著で以下のように述べています。

ポイントは「相手が望む価値」がお金に変わるということです。
ここを間違えると、同じ商品であっても嫌われてしまいます。大切なのはお金を支払うお客様が何を価値と感じ、何にお金を払いたがっているかを知ることです。
引用:「超・起業思考」船ケ山哲:著(2017)きずな出版

顧客の要望をしっかりとキャッチし、要望に応えられる価値を提供するのですね。

7-3.複数の収入経路を持つ

複数の収入経路を持つことで、リスクを軽減させられます。

ひとつの仕事が常に回り、収入が安定するとは限らないから。

できれば3つは欲しいですね。

例えば以下のように仕事を分散させるとどうでしょう?

  • 動画編集(30%)
  • webライター(30%)
  • ネットショップ(20%)
  • ブログなどのアフィリエイト(20%)

ひとつの仕事に特化する場合でも、常に依頼をもらえるクライアントを複数持つことがポイント。

このように収入経路を多く持てば、生活が安定すると思いませんか?

7-4.エージェントやプラットフォームを有効活用する

フリーランスの仕事の獲得経路は、「人脈」(80.4%)、「過去・現在の取引先」(59.4%)、「自分自身の宣伝活動」(30.7%)が上位。

最近注目されているのが、「クラウドソーシング」(13.6%)や「エージェントサービス」(12.5%)の利用です。
出典:「フリーランス白書2019」

プラットフォームも職種や業務内容によりさまざまで、ニーズに合った企業と個人、また個人と個人をマッチングさせやすい仕組みです。

仲介サービスが間に入るのでお金が支払われないことはありませんが、代わりに手数料を支払う必要もあります。

仕事の状況に応じて、うまく活用するのをおすすめします。

7-5.副業での準備期間を設ける

記事の最初にサラリーマンをやめて個人で稼ぐには、目的を決め準備する必要があるとお伝えしました。

準備期間無しで、いきなり会社をやめるのはリスキーだと思いませんか?

そこでおすすめは副業。

サラリーマンしながら、「やりたい」と思う仕事をするのです。

そしてある程度やっていける目途がつくまでスキルを磨く。

今の会社で安定してお給料をもらいながら、新たな仕事へのチャレンジへ準備するのです。

その場合、以下を目標設定するのがおすすめです。

  • サラリーマンをやめるまでの期間
  • 副業で稼ぐ金額
  • 身に付ける具体的なスキル

もし今の仕事がハードで副業する時間が取れないなら、時間が捻出できる会社に転職するのもアリでしょう。

入念に準備するほど、サラリーマンをやめた後のイメージが明確になると思いませんか?

海ヲバックにした景色
会社で働かなくても生きていける人の7つの特徴&雇われずに生きる3つの方法とは?「働かなくても生きていける方法はないかな?」会社がツラいとつい考えて今います。結論、まったく働かずに生きていくのは現実的に難しいでしょう。しかし楽に、自由に働くことはあなたの努力次第で実現できます。この記事では会社で働かなくても生きていける人の特徴について解説します。...
\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

まとめ|サラリ―マンをやめて稼ぐには準備と行動力が大事

サラリーマンをやめて何をするか、悩んでいる人に向けて解説してきました。

この記事のまとめは以下の通り。

この記事のまとめ
  • サラリーマンをやめて何するかを決めて準備する
  • その際大切なのは2つ。(人生の目的や生き方を決めること、お金や仕事をどうするかを決めること)
  • サラリーマンをやめて個人で稼ぐならWebがおすすめ
  • おすすめの仕事7選はコレ。(システムエンジニア、プログラマー、コピーライター、イラストレーター、Webデザイナー、Webマーケティング、テクニカルライター)
  • サラリーマンをやめるメリットは3つ。(人間関係に悩まない、時間に縛られない、自分の仕事のスタイルで働ける)
  • サラリーマンをやめるデメリットは3つ。(収入が安定しない、立場が弱くなる、保障が少ない)
  • フリーランスになるときのポイントは5つ。(固定費を下げる、報酬は価値の対価、複数の収入経路を持つ、エージェントを有効活用、副業で準備する)

今の会社が嫌なので、サラリーマンをやめるという選択は間違っていません。

しかしその場合、やめて何するかを決め入念な準備は必要です。

自分がなりたい姿をイメージしながら、少しずつ未来を変えていく方法もあるのでは?

ABOUT ME
ミヤモトリョウ
「読者ファースト」がモットーのライター兼現役セールスマネージャー。「自由な働き方」を目指して日夜奮闘中。
自分を理解すれば多くの悩みが解決します
以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \