ライフハック

30歳から人生変わった人がやった9つのこと|あなたにもできます!

30歳から人生変わった

「30歳になったけど人生がつまらなく感じる」
「このままずっとこの人生が続くと思うと憂鬱になる」

このように悩んでいませんか?

「人生このままでいいのかな?」と考えてしまうのが30歳という年齢。

悩むのも仕方ありません。

結論、30歳から人生を変えるのは可能です。

この記事では、30歳から人生が変わった人が実践してきたことをお伝えします。

参考にしていただくと、これからの人生を自由に謳歌できるキッカケとなるはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

1.30歳から人生変わった人がやったのはこの9つ!

街中でほほ笑んでニット帽をかぶった男性

30歳から人生が変わった人は、どのようなことを実践したのでしょうか?

実践したことは、以下の9つです。

  • 捨てることを覚える
  • 自分に投資する
  • さまざまなことに興味を持ち勉強する
  • 40歳以降のなりたい姿を描く
  • 失敗を恐れずチャレンジする
  • ロールモデルを見つける
  • より成長できる環境に飛び込む
  • 頭の中の常識を捨てる
  • 他人の評価を気にしない

それぞれ見ていきましょう。

1-1.捨てることを覚える

30歳は、大切なものと捨てるべきものを見分ける年齢です。

不必要なものを抱えたままでは、本当に自分がやりたいことや、やるべきことがぼやけてしまうからです。

自分がやるべきことを明確にするには、断捨離するしかありませんが、人は「捨てる」ことがなかなかできません。

特に、女性にその傾向が多いようです。

日本初、国内最大級の女性向け月額制ファッションレンタルサービスを展開するエアークローゼット。

同社が30代後半~50代前半の東京在住107人の女性会員に、「捨てる抵抗感」に関する意識を調査しました。

捨てることに関する意識の調査

出典:PRTIMES「(捨てる抵抗感)に対する意識調査」

「捨てる」ことに対して、90%以上の人が「抵抗感がある」と回答しています。

しかし30歳で人生が変わった人は、以下の悪しき習慣を意識して捨てています。

  • 職場、友だち、恋愛で「嫌だ」と思う関係
  • ずっとダラダラする休日
  • 気に食わないとすぐに反論すること
  • 昔の友だちとムリして付き合う

「捨てる勇気」と向き合うのを避け続ければ、いずれ自分の首を締めると理解していたのです。

人生の優先順位の決め方
人生の優先順位の決め方|7つの基準で人生で優先すべきことがわかる「人生の優先順位の決め方がわからない」そんな悩みを抱える方に向けて、7つの決め方を紹介します。5冊の参考書籍や、ライターの個人的な体験談も紹介するので参考にしてください。...

1-2.自分に投資する

30歳からより良い人生を手に入れている人は、20代で自己投資を惜しまなかった人。

20代でたくさん失敗しながら、より多くの経験を積み今後の人生に活かしています。

BIZREACHが行った、「30代のキャリアに役立てるために20代のうちにやっておくべきこと」のアンケートでは、以下の通りとなっています。

  • 1.多くのもの、多くの人に触れる 71%
  • 2.英語などの語学力を高める 69%
  • 3.スキルを磨く 67%
  • 4.自分のために勉強する 62%
  • 5.たくさん失敗する 55%
  • 6.友達・人脈をつくる 53%
  • 7.資格を取る 32%
  • 8.自己投資のためにお金をたくさん使う 31%
  • 9.海外で働く 31%
  • 10.趣味・好きなことをみつける 30%
  • 11.ストレス発散法を見つけ、実践する 26%
  • 12.海外旅行する 25%
  • 13.健康維持の方法を見つけ、実践する 24%
  • 14.生涯のパートナーを探す 20%
  • 15.親孝行する 17%
  • 15.一人暮らしする 17%

引用:BIZREACH「平均年収974万円の30代以上が20代へアドバイス85%が(20代は貯蓄よりも、将来のために自己投資すべき)」

もしあなたがすでに30歳を過ぎていても、まだこれらのことは実践可能です。

上記のことを、明日からでも意識してみてはいかがですか?

川に向かって雄大に立つ半袖の男性
社会人が勉強しないとたどる7つの末路【早く気づけば間に合う!】「社会人になってパッとしないけど、このまま勉強しなくて大丈夫かな。」このような危機感を持ったあなた。まだ大丈夫、間に合います。社会人が勉強しない場合にたどる7つの末路や勉強しない理由、おすすめの勉強法、勉強することで開ける未来について解説します。 ...
勉強をサボった人生をやり直したい
勉強をサボった人生をやり直したい|学び直しで人生を変える5つの方法「中学高校の頃にもっと勉強しておけば、今より給料がいい仕事につけたかもしれないのに…」 「勉強をサボってきたことを後悔しすぎて、マジで...

1-3.さまざまなことに興味を持ち勉強する

30歳で人生が変わった人は、これまでの人生でさまざまなことに興味を持ち、勉強した人。

重ねた努力は、決して裏切りません。

もしあなたが、30歳になるまでに十分な勉強をしてこなかったとしても、心配は不要。

新しく勉強を始めることに、年齢は関係ないのです。

30代の勉強が遅くない理由は、以下の3つ。

  • 人は何歳でも成長できる
  • 周りの人はたいして勉強していない
  • 30代からの成功者は実際に多く存在する

内閣府の調査でも、80%近い人が学びの継続を希望しているのがわかります。

学び直しを希望する割合

出典:内閣府「就労等に関する若者の意識」

特にIT化が今後ますます加速することを考えると、webスキルの学習などは、きっと役に立つはずですよ。

自分を高める勉強と習慣の内容を大公開!習慣化させる5つの方法!「自分を高めたいんだけど、具体的にどんなことをすればいいの?」自分を高めるには勉強や、生活習慣を改善する方法があります。しかし勉強や習慣を「習慣化」させることは難しいです。自分を高めるためのおすすめの勉強内容と生活習慣を紹介!習慣化させる方法もお伝えします。...

1-4.40歳以降のなりたい姿を描く

30歳から人生が変わった人は、40歳以降の自分のなりたい姿を明確にイメージしています。

理想のライフスタイルを手に入れるための、キャリアプランを立て実践してきたのです。

キャリアプランを立てるときのポイントは、以下の通りです。

  • 自分を見つめ自分を知る
  • 目標はゴールから逆算する
  • 最初は人のまねでいい

毎日を漠然と過ごすのと、明確なプランを持って過ごすのとでは、モチベーションや充実度に確かな違いが出ます。

今からでも遅くはないので、人生のキャリアプランを立て、将来の道しるべにしていきましょう。

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

1-5.失敗を恐れずチャレンジする

失敗を恐れず行動できる人は、より良い人生に近づくようにコントロールできる人です。

行動することでしか、未来は変えられない事実を理解しているから。

20代は将来がはっきりと見通せないため、多くの不安を感じるのは、内閣府の調査でも明らかになっています。

若者の仕事に関する不安の調査

出典:内閣府「就労等に関する若者の意識」

しかし、不安を抱えながらでも、チャレンジする人としない人では、後の人生が大きく変わるのです。

30歳から人生が変わった人は、不安でも失敗を恐れずチャレンジすることで、より良い未来に近づけるようにコントロールしてきた人です。

頭でわかっていても行動できない心理とは?【あなたの心は動かせる】
頭でわかっていても行動できない心理とは?【あなたの心は動かせる】頭でわかっていても行動できない…と悩んではいませんか?実は、それには多くの原因があります。この記事では、頭でわかっていても行動できない原因と、どうしたら行動できる人になれるのかを解説しています!1回きりじゃなくずっと行動できる人になれるヒントが満載です!...

1-6.ロールモデルを見つける

自分より年上で、輝いている人をモチーフにするのはキャリアアップには有効です。

例えば職場の上司や父親、知り合いでなくても「こんな人になりたい」と思うロールモデルを見つけるのです。

ロールモデルとなった人の職務(職能や職責)をゴールにして、そこにたどり着くまでにはどのような能力や実績が必要かをイメージします。

イメージできれば、あとは実践するのみ。

漠然と日々を過ごすより、なりたい姿にたどり着く確率が格段に上がるはずです。

朝焼けの空
自分の人生を生きている人9つの特徴【他人の人生を生きてはダメ!】「他人の顔色ばかり気にして自分はいつも後回し」このように悩んでいるあなた。他人の人生を生きていませんか?意識を少し変えるだけで改善できます。この記事は自分の人生を生きている人の特徴や、自分の人生を生きていくための具体的な方法まで解説します。...
夢中になれるものがある人の特徴5つ|真似すればあなたも夢中になれる「夢中になれるものがある人がうらやましい。」そんな風に思ったことはありませんか?夢中になれるものがある人には人生を充実させるような特徴を持っていたり、仕事と私生活のメリハリが付けられていたりといくつか理由があるのです。この記事ではその理由を解説しています。...
海ヲバックにした景色
会社で働かなくても生きていける人の7つの特徴&雇われずに生きる3つの方法とは?「働かなくても生きていける方法はないかな?」会社がツラいとつい考えて今います。結論、まったく働かずに生きていくのは現実的に難しいでしょう。しかし楽に、自由に働くことはあなたの努力次第で実現できます。この記事では会社で働かなくても生きていける人の特徴について解説します。...
サラリーマン人生を後悔せずに終えた人がやっていた10の習慣とは?サラリーマン人生を後悔してしまうかも知れないと悩む人のために、アンケートや調査結果などを元にどうすればサラリーマン人生を後悔しないようにできるのかを紹介する記事です。合わせて、サラリーマン人生を後悔してしまう原因を紹介することで、読者の現在の悩みを明確にしていきます。...
おっとりした芯が強い人が多い訳は?芯の強い女性になる方法を大公開おっとりした人に芯が強い女性が多い。そう思いませんか?実は芯が強い女性は冷静で落ち着いているからおっとりしているように見えるんです。そんな芯の強い女性にあなたもなれるのはご存じですか?この記事は芯が強い女性の特徴となる方法を紹介します。...

1-7.より成長できる環境に飛び込む

より成長できる環境に飛び込むことは、ある意味で勇気が必要です。

転職する場合は、どのような会社で働くか悩んでしまうもの。

しかし、30歳から人生を変えている人は、成長できると思ったらあえて厳しい環境にも飛び込んでいきます。

そのような環境では、チャレンジングな非定型業務を求められ、性別・年齢・学歴・国籍など関係ありません。

結果のみが、キャリアアップにつながるのです。

30歳から人生が変わった人は、このような環境下で切磋琢磨することで、成長を実感しながら働いてきたのです。

1-8.頭の中の常識を捨てる

固定観念は、年齢を重ねるほど強くなりますが、油断すると若い人でもついてしまいます。

客観的で論理的な思考よりも、自分の心の中にある「こうあるべきだ」という思考パターンを優先するように、人間の脳はできているからです。

以下のような固定観念を持っていませんか?

  • 仕事は会社でするもの
  • 組織に従順な人が評価される
  • 上司の意見はすべて正しい
  • 営業職は話上手

固定観念を取り払うと、どうなるでしょう?

固定観念を取り払う=頭の中の常識を捨てると、可能性が目の前に広がることに気づきます。

つまり、変えるべきは自分のマインドで、「こうあるべき」など頭の中の常識を捨てることが、人生を生きやすくさせるのです。

1-9.他人の評価を気にしない

30歳から人生が変わった人は、他人の評価を気にしない傾向。

「あの人に気に入られたい」
「あの人に理解してもらいたい」

このような承認欲求に、執着していません。

なぜなら、自分は「だれかの期待を満たすために生きているのではない」ことを、はっきりと理解しているからです。

実際に上司から評価されなくても、出世するケースはいくらでも見られます。

そのような人は、以下のような特徴があります。

  • 孤独を恐れない
  • 素直で柔軟性がある
  • 論理的にものごとを考えられる
  • 特定の専門性がある

他人の評価を気にしないということは、自分の人生を生きているという証なのですね。

ビクビクしない方法
『人にビクビクしない方法』を徹底解説!3つの解決方法!人から何か言われることやふとした態度にビクビクしてしまい自信を失っていませんか?そんなアナタの心を楽にする3つの解決方法をご紹介します。 1.ビクビクの原因を書き出す-3つのポイント- 2.ビクビクしそうな時は深呼吸 3.ビクビクすることを受け入れるの3点です。今日からでもすぐ取り入れることが出来ます。...

2.30歳から人生変わった人に見られる3つの特徴

ベンチに座って海を眺める女性

30歳から人生を変えた人には、共通する以下3つの特徴が見られます。

  • 迷いがない
  • 長時間働かず付加価値で勝負している
  • 計画的にものごとを考える

それぞれについて、見ていきましょう。

2-1.迷いがない

何歳でも人生を変えていける人の特徴は、迷いがないこと。

生きる覚悟を持っているのです。

本来「覚悟」の意味は、「迷いから目覚めて真理を悟ること」だそうです。

「覚悟がない」のは、迷っている状態。

つまり、迷いの中にいるから、どうしていいかわからない状態だと言えます。

「頑張る個人を応援すること」を使命に、「ちとえ藤堂塾」を主催する藤堂昌恒氏は、自著「覚悟力」で以下のように述べています。

「不安だから迷う」のではありません。「迷ったままだから不安が消えない」のです。迷っているから、中途半端になってしまうのです。迷ったままだから、努力が報われないのです。迷いながら考えているから、問題が一向に解決しないのです。
引用:「覚悟力(なぜか結果を出す人の生き方)」藤堂昌恒:著(2015)PHP研究所

覚悟を決めるということは受け入れることであり、受け入れたなら生き方を決めることが必要です。

そうなれば、「迷い」は自然に姿を消していくでしょう。

自分で決めることの大切さとは?|決断力を高めるための4メソッド
【重要】自分で決めることの大切さを知り、自分で決める力を磨いてください自分で決めることの大切さを理解しているつもりでも、実際には人に委ねてしまったり、決断できず悩んでしまったりすることはありませんか?本記事では、自分での決めることの大切さを改めて読み解き、決断力を高める方法を4つ紹介しています。この機会に決断力を高めましょう。...

2-2.長時間働かず付加価値で勝負している

30歳から人生が変わった人は、働く時間に固執せず、付加価値を高めることを重視しています。

日本社会では、まだまだ長時間働くことが美徳とされ、評価される傾向にあります。

しかし、外部環境が大きく変わるなかで、働く時間よりも「働き方」が問われるようになりました。

正解がない現代社会では、アイデアと創造性で付加価値の高い商品やサービスを生み出さなければ、企業は生き残れなくなったからです。

では、アイデアと創造性を高めるための時間は、どのように確保すれば良いのでしょうか?

「6時に帰るチーム術」の著者小室淑恵氏は、自著で時間確保について以下のように述べています。

付加価値で勝負する時代には、社員は6時に帰らなければいけません。それは「ライフ」の時間を使って読書したり、勉強会に出たりなど、自己研鑽に励む必要があるからです。中略、そのための時間がなければ、「ワーク」におけるアイデア・創造性は豊かなものになりえないからです。
引用:「6時に帰るチーム術」小室淑恵:著(2008)日本能率協会マネジメントセンター

このように、付加価値を高めることに時間を割く人が、30歳からのより良い人生に変えていける人なのです。

朝勉強したいけど起きれない社会人へ
朝勉強したいのに起きれない!?社会人向けの早起きのコツ12選「早起きして朝勉強したいのに、起きれない」と悩む社会人に向けて、早起きのコツを12個まとめました。早起きのためには、十分な睡眠時間と早起きのコツと押さえることが重要。朝勉強に取り組んでスキルアップや収入アップに繋げていきましょう。...

2-3.計画的にものごとを考える

一見好き勝手に生きることは、自由に生きることと捉えられがちですが、そうではありません。

自由を手に入れる人は、実現のために緻密に計画を立てているのです。

「〇年後には、〇〇のようになっている」

このように決めたら、なりたい姿から逆算して計画を立てます。

「そのためには〇年後までには〇〇のスキルを習得する」
「〇〇のスキル習得のためには、〇月から毎日1時間学習する」

なりたい理想の姿から逆算して、年・月・週・日・時間単位まで落とし込んでスケジュールを立て実行します。

30歳から人生を変えられる人こそ、理想の生き方に近づけるように緻密な計画を立て、自分をコントロールしているのです。

3.30歳過ぎても人生が変わらない人3つの特徴

悲しそうに頭をかかえる男性

最後に、30歳過ぎても人生が変わらない人の3つの特徴について見ていきます。

  • 目的や目標がない
  • 探求心や向上心がない
  • 周りを気にして自分が出せない

自分にも当てはまることがないか確認し、当てはまっているなら意識して改善してみてください。

4-1.目的や目標がない

30歳を過ぎても人生が変わらない人の特徴は、目的や目標がないこと。

「目標がないので毎日がつまらない」
「目指すべき目標がなく、なんとなく仕事を辞めてしまった」

上記のようになってしまいます。

目的が「到達したい状況=ゴール」なら、目標は「ゴールするための指標」。

ゴールを目指して目標を掲げることによって、現状の自分とのギャップが明確になります。

そして目標に対するギャップを埋めるのが、生きることなのです。

目指すべき姿に到達するための、ギャップが明確な人とそうでない人の差は、30代以降で確実に広がっていくでしょう。

自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ
自分軸の見つけ方|他人軸をやめて自分を大切にするための5ステップ自分軸の見つけ方を知りたい!そんなお悩みがある方は、自分を変えたいと感じるほど周囲に流されて生きる「他人軸」になっている可能性が高いです。本記事では自分軸の見つけ方を5つのステップで解説。自分軸で生きられるとどんな未来が待っているかもわかります。すぐに実践可能...

4-2.探求心や向上心がない

30歳を過ぎても、人生が変わらない人の特徴の2つめは、探求心や向上心がないこと。

「頑張ってもどうせかなわない」
「ラクなので今のままでいいや」

このように思ってしまい、現状を変えるように努力しません。

昔と比べて、モノに対する欲求が薄れている現代では、向上心を持ちにくい環境かもしれません。

「あんな家に住みたい」
「高級車が欲しい」

このような欲求は、年々薄れているもの事実。

厚生労働省の調査を見ても、物質的に豊かになったことで、人は心の豊かさやゆとりのある生活を重視するようになったのがわかります。

心の豊かさと物の豊かさの推移

出典:厚生労働省「平成20年度版労働経済の分析」

このような時代背景が、「望む人生を手に入れたい」、「そのために自分を成長させたい」という気持ちを、制限しているのかもしれません。

熱中できるものの見つけ方
熱中できるものがない!毎日が充実する「ハマるもの」の見つけ方7選「熱中できるものがない」と、毎日に物足りなさを感じていませんか?ここでは、熱中できるものができない原因・対策と、具体的な見つけ方7つを紹介。「やるべきこと」に追われる大人だからこそ、「やりたいこと」で人生の充実感をアップさせましょう!...

4-3.周りを気にして自分が出せない

30歳過ぎても人生が変わらない人には、周りを必要以上に気にする傾向があります。

「本当はこうしたい」のに、周囲との協調を気にするあまり、行動に移せないのです。

結果として、現状が変えられません。

周りの目が気になる人には、以下の心理が働きます。

  • 劣等感を持っている
  • 万人に好かれたい
  • 常に取り越し苦労

このような人は、自分の人生をコントロールできないので、流れに身を任せるしか術がないのです。

今後の人生も、変えられないでしょう。

\ 自分を理解すれば多くの悩みが解決します /

まとめ|30歳から人生が変わった人は理想の未来をイメージしている

ここまで、30歳から人生が変わった人の特徴や、実践したことについて見てきました。

30歳を節目に人生を変えられる人は、理想の未来をイメージして、到達するための努力を惜しまない人でした。

この記事をおさらいすると、以下の通りです。

30歳から人生が変わった人が実践した9つのこと
  • 捨てることを覚えた
  • 自己投資した
  • さまざまなことに興味を持ち勉強した
  • 未来のなりたい姿を描いた
  • 失敗を恐れずチャレンジした
  • ロールモデルを見つけた
  • より成長できる環境に飛び込んだ
  • 固定観念を捨てた
  • 他人の評価を気にしなかった
30歳から人生が変わった人3つの特徴
  • 迷いがない
  • 付加価値で勝負している
  • 計画的に物事を考える

30歳から人生を変えるためには、20代で上記の9つを実践していくと良いでしょう。

人生100年時代と呼ばれる今では、もし仮にあなたが30代や40代だとしても、十分間に合います。

決して遅くはないのです。

できることから意識して、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ABOUT ME
ミヤモトリョウ
「読者ファースト」がモットーのライター兼現役セールスマネージャー。「自由な働き方」を目指して日夜奮闘中。
自分を理解すれば多くの悩みが解決します
以下のコンテンツが全て貰えます
  1. 電子書籍:『DISCOVERY Method~自分を知る15の質問~』
  2. 特典:聞くだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』セミナー音声10本
  3. 特典:読むだけで自分をさらに知れる『DISCOVERY通信』フォローメール10通

『DISCOVERYメソッド』を
今すぐ手に入れる→

/ 迷惑メールは送りません。配信解除も5秒で可能 \