大人ニキビと思春期ニキビの治し方

大人ニキビと思春期ニキビは治し方が違う!

大人ニキビと思春期ニキビは治し方が違う!

 

ニキビには、大きく分けて大人ニキビと思春期ニキビとがあります。
それでは大人ニキビと思春期ニキビの違いはどこにあるのでしょうか。

 

大人ニキビの原因とは

 

大人ニキビの原因ストレス

まず大人ニキビとは、
思春期を過ぎ、大人になってからできます。
この大人ニキビの原因には、
偏った食生活や睡眠不足、飲酒、喫煙、ストレス、
間違ったスキンケア、化粧品、ホルモンの乱れなどが考えられます。
ですが、様々な要素が絡んでいて特定しにくいのが特徴です。

 

 

また、有力な説としてストレスや不規則な生活習慣などからくる
肌のターンオーバーの乱れがあると言われています。
ターンオーバーというのは皮膚の生まれ変わっていくことを指します。
細胞が約28日周期で新しく入れ替わる肌の新陳代謝のサイクルを意味します。

 

 

この肌のターンオーバーが乱れると、古くなった角質が溜まり、
角質層全体が厚くなり毛穴がどんどん詰まりやすくなるのです。
また、顔 乾燥がすることでも同じように古くなった角質が溜まりやすくなります。
その結果、大人ニキビへとつながってしまうとされています。

 

 

思春期ニキビの原因とは

 

思春期ニキビの原因アクネ菌

一方、思春期ニキビとは、主に10代の思春期にできるニキビです。
それは成長期にあって皮脂分泌が過剰になることが原因だと考えられています。
思春期の頃には、身体を作るために成長ホルモンが分泌されるのです。
この成長ホルモンによって皮脂腺が刺激され皮脂が過剰に分泌されます。
そのことが原因で毛穴が詰まりやすくなります。

 

 

また、アクネ菌が繁殖しやすくなるのです。
その結果、ニキビができやすくなります。
思春期を過ぎホルモンのバランスが整ってくると、
自然に思春期ニキビはできなくなっていくのが普通です。

 

 

大人ニキビと思春期ニキビのできる場所の違い

 

大人ニキビと思春期ニキビのできる場所

また、ニキビができる場所も違ってきます。
例えば思春期ニキビは皮脂の分泌が大きな原因なので
皮脂分泌が多くなる額や鼻などのTゾーン、頬など広範囲でできるのが特徴です。

 

 

反対に大人ニキビはUゾーンと呼ばれている
顎やフェイスライン、それから首筋にかけてできる傾向にあります。

 

 

大人ニキビと思春期ニキビの治し方の違い

 

そして改善策も大人ニキビか思春期ニキビかによって異なるのです。

  • 思春期ニキビ:皮脂量と水分量を保つことが欠かせない
  • 大人ニキビ:生活習慣の全般的な見直しが必要

まずは大人ニキビなのか思春期ニキビなのかをしっかり見極めるのが大事でしょう。

 

 

 

>>>大人ニキビに効く洗顔料|1週間で撃退するスキンケアセットTOPへ戻る

毎月の化粧品代を簡単確実に稼ぐテクニック!


毎月の化粧品代って結構かかりますよね。
でも毎月3万円確実に片手間で稼げたらどうでしょう?

女性の毎月の化粧品代の平均は1〜1.5万円なので
余裕でまかなえてしまいますよね。
それどころかワンランク上の化粧品を
選べるようになります。


この度、私がお世話になっている西村さんが
新規メルマガ発行記念で先着100名だけに
「誰でも簡単!月3万円の副収入を楽勝で得る方法」
という無料レポートをプレゼントしてくれます。

実は私もコレで隠れて稼いでいます。
高品質の化粧品で美人へ近道したい方は
チェック必須です↓↓

メルマガ登録ボタン

※メールマガジン「ベストライフ〜自由な選択と最高の感情〜」 に登録されます